ニュース
» 2016年03月07日 16時25分 公開

マクドナルドのハッピーセット、VRゴーグル「Happy Goggles」に進化

なぜ油でギトギトそうだと思ってしまうのか。

[Glycine,ねとらぼ]

 スウェーデンのマクドナルドは、ハッピーセット販売30周年を記念して、VRゴーグルに変形する「Happy Goggles」キャンペーンを展開することを発表しました。「世界で実施する最初の試み」は、日本にも上陸するでしょうか。

バーチャルスキーも楽しめる バーチャルスキーも楽しめる(画像はflickrのHappy Gogglesアルバムより)

 同キャンペーンでは、スウェーデン国内の14店舗を対象に、限定3500個のHappy Gogglesを販売。3月5日に第1弾販売が実施され、次回は3月12日の予定です。

Happy Googles VRゴーグルに変形するボックス「Happy Goggles」(画像はFlickrのHappy Gogglesアルバムより)

Happy Goggles動画

 Googleが開発したダンボール製VRビューワ「Google Cardboard」と同じ仕組みで、ボックスを解体して組み立て、中にスマートフォンを装着すれば、すぐにバーチャルビューを楽しめるものになっています。

展開図 展開図(画像はflickrのHappy Gogglesアルバムより)

 プレスリリースによれば、通常は物質的なおもちゃが入ったハッピーセットを「仮想世界への箱」に進化させるにあたり、児童心理学者の協力を仰いだとのこと。スマートフォンやタブレットが生活の一部となった世界で育つ世代は、仮想世界への扉を開くVRゴーグルに自然になじむもの。一緒にゲームを楽しみながら、大人たちが、子どもたちの知識と経験から学ぶ機会となるような使用法をアドバイスしています。

 米AdWeek誌によれば、「Happy Goggles」の価格は約4.10ドル(約460円)。Googleストアで買うと15ドルの「Google Cardboard」よりもお買い得で、「使い捨てVR」の時代を開くきっかけになるかもしれません。

Happy Gogglesのボックス Happy Gogglesのボックス(画像はflickrのHappy Gogglesアルバムより)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む