ニュース
» 2016年03月07日 19時21分 公開

戦国時代版「みんなだったらどこ座りたい?」座席表が死亡フラグだらけで究極の選択に

どこに座っても胃袋か毛根か命がヤヴァイ。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 2016年に入ってから、Twitterで「みんなだったらどこ座りたい?」という、架空の座席表を考える遊びが流行しています。人気の有名人やアニメ・漫画のキャラクターが並ぶクラスで、どの空席に座りたいか? ……どの席も魅力的で迷うファンが、対象への思い入れを寄せるのが本来の主旨です。しかしそんななか、ひわこ@MMDさん(@hiwako_168)の作った座席表が異彩を放っていると注目を集めています。



 一見すると信長、秀吉、家康など有名な武将が多く、戦国ファン向けの座席表に思えるかもしれませんが、冷静によく見ると、左側はいわゆる「不良」の意味で、右側にはクセモノという意味で、戦国時代屈指の問題児ばかりが座っています。制作者いわく、「いかに死亡フラグを立てるかを念頭に作成したクラス」。どこに座ってもただでは済まない未来が容易に見えます。

 まず、座席表に付随した注意書き「※なお森長可の人間無骨は二つ隣りの席まで届くものとする」からして超危険。森長可(もりながよし)といえば、ネットでは主にヒャッハー系武将として語られる織田家配下の猛将。めっぽう強いが気性が荒く、「些細な理由で同僚の部下を突き殺した」「急ぎの用事の際に関所の門番を切り捨てて通った」など、多くのクレイジーな逸話が残る人物です。「人間無骨」とは長可愛用の槍の銘で、この槍の前では「人間の骨など無いも同然」の意味から名付けられたと言われています。


戦国座席表

 さて、こんな強烈な人物が中央に陣取るクラスで、どの席を選べば生き残れるか考えてみましょう。前述の人間無骨の射程が2席分ということで、3、4、6、7、8、10、11を選んだ場合は、おそらく「消しゴムのカスが森くんの席に飛んだ」程度の些細な理由で突き殺されるので除外。

 そして見逃せないのが、左後列の細川忠興(ほそかわただおき)の存在。文武両道で知られる名将ですが、2つ前の席にいる妻、細川ガラシャを異常なまでに溺愛する、これまたクレイジーな愛妻家。美しい妻を、独占したいばかりになかば軟禁。たまたまガラシャを見た庭師を斬首し、その首を食事中の彼女へ差し出したほどです。このため、ガラシャがすぐ視界に入る2、5、9を選ぶと、自分の首が彼女の弁当を彩るオブジェにされるでしょう。間違いなく。

 消去法で残された1と12〜15の席も、物理的な危険性こそ比較的少ないものの、周囲が性格の悪そうな策略家ばかり。食事に下剤を盛られたり、弁当を隠されて兵糧攻めにされたり、デマをバラまかれクラスから孤立させられたりと、心が削られることうけあいです。

 結局どの席を選んでも地獄が待つこの座席表ですが、意外にも「伊達くんと昌幸さんの近くにいたい」「真田昌幸公と毛利元就公の策略の渦中に巻き込まれたい」「伊達政宗と直江兼続の喧嘩を聴けるのがご褒美」と、武将愛あふれる意見が多く、13と14が人気。死をもいとわない、戦国ファンの懐の深さに驚かされます。






 生き残るべく同級生の危険性を調べるうちに、戦国時代の偏った知識が得られるこの座席表。担任が務まりそうな人物が存在しなさそうなあたりが、本当にすごい時代だったのだなと再認識させられます。


戦国座席表 みんなだったらどこ座りたい?」でTwitter検索した結果

(沓澤真二)


関連キーワード

座席 | 武将 | Twitter


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」