ニュース
» 2016年03月10日 10時00分 公開

伝説の漫画「MMR マガジンミステリー調査班」はこうして作られていた タナカ・イケダ・トマル隊員が語る「MMR」制作の裏側(前編)(1/3 ページ)

最新刊「新生MMR 迫りくる人類滅亡3大危機(トリプルクライシス)!!」発売を記念して、当時のMMR隊員たちに連載開始時から最新刊発売までの裏側を語ってもらいました。

[多根清史(インタビュー)・池谷勇人(構成),ねとらぼ]

 かつて週刊少年マガジンで連載され、日本中の子どもたちを騒がせた漫画「MMR マガジンミステリー調査班」(石垣ゆうき)。その最新刊となる「新生MMR 迫りくる人類滅亡3大危機(トリプルクライシス)!!」が来る3月17日に発売されます。

 今でこそ「な、なんだってー!」のアスキーアートをはじめ、すっかりネタ化されている「MMR」ですが、連載当時は編集部の電話が鳴りっぱなしになるほどの反響があり、本気で怖がる子どもたちが後を絶たなかったそう。伝説の漫画はどのように生まれ、どのように作られていたのか。数々のトンデモエピソードや学説はどこまで本当だったのか、当時の担当編集であり、「MMR隊員」として実名で作品にも登場していた、タナカ・イケダ・トマル隊員に、連載当時の裏側を語っていただきました。


MMRタナカ・イケダ・トマル隊員インタビュー 左から順に、タナカ隊員、イケダ隊員、トマル隊員。キバヤシ、ナワヤの2人はすでに講談社を離れており、今回は残念ながら同席ならず


伝説の漫画「MMR」とは?

 「MMR」は1990年から1999年にかけ連載された、一種の“フェイク・ルポルタージュ”漫画。UFOや超能力、ノストラダムスの大予言といった超常現象に、キバヤシをリーダーとする週刊少年マガジン編集者たちが挑むという内容で、ネット上では「な、なんだってー!」や「話は聞かせてもらった! 人類は絶滅する!」などのアスキーアートでおなじみの作品でもあります。タイトルの「MMR」は「マガジン・ミステリー・ルポルタージュ」の略。

 1999年に人類が滅亡しなかったためMMRはその後いったん活動を休止しますが、2012年には講談社の読者参加型サイト「プロジェクト・アマテラス」上で「MMR復活編」としてふたたび集結(2014年に「新世紀黙示録MMR Resurrection」として単行本化)。その後プロジェクト・アマテラスの終了にともない、今度はメールマガジン(発行:まぐまぐ)へと連載の場を移し、さらなる新エピソードを書き溜めていました。今回発売される「新生MMR 迫りくる人類滅亡3大危機(トリプルクライシス)!!」はその「メールマガジン版」を単行本にまとめたものになります。

※「新世紀黙示録MMR Resurrection」は現在、新刊発売を記念して「マンガボックス」で無料公開中です(3月17日まで)




編集部が話を作り、石垣先生が説得力を加えた「MMR」

―― 「MMR」の初期メンバー、ここに再集結! ですね。

タナカ 私は途中で海外のミステリー調査のため抜けてしまったんですよ。そのあと、実際にはイケダがチーフになって、最後までやったんだっけ。

イケダ 一応、1999年に連載が終わるまではそうでしたね。

―― 「MMR」のメルマガにもありましたが、トマルさんは最初は推理小説という意味でのミステリー担当を希望していたのに、違う意味でのミステリーが仕事になって驚かれたそうですね。

トマル 多少脚色はしてますが、新入社員のときにやっぱりキバヤシさんの下に配属されたことが大きいですよね。先にイケダさんが加入していて、その次に僕が入って。その意味では「MMR」と「金田一少年の事件簿」は、まったく同時期に担当になりました。

―― それ以前から「MMR」を読まれてました?

トマル 僕は会社に入る前から、「MMR」を見ていて笑っていたクチなんですよ。そしたらまさか、自分がこんな目に! というところから始まっていて。それからキバヤシさんが実力を認めた、タナカさんがチーフという形になったんです。僕はどちらかと言うと、石垣さんのお尻を叩いてスケジュールを守って描いていただく仕事でしたね。

タナカ で、復活編の「Resurrection」(※)はトマルが担当しています。ただ、キバヤシは漫画のリーダーでもあるし、実際ネームの最終OKを出すのはキバヤシなので、隊長であることに変わりありません。

※2014年発売の「新世紀黙示録MMR Resurrection」。講談社の読者参加型サイト「プロジェクト・アマテラス(現在は終了)」上で2012年〜2013年にかけ連載された(関連記事

トマル もちろん「Resurrection」でも、必ずキバヤシさんに相談してますよ。「つまらん」と言われて、やり返すときもあったりして、ハードルは相変わらず高めでした。


MMRタナカ・イケダ・トマル隊員インタビュー タナカ隊員。キバヤシ、ナワヤと並ぶMMR初期メンバーの1人で、キバヤシにその実力を認められて第2代のチーフに抜てきされる

MMRタナカ・イケダ・トマル隊員インタビュー イケダ隊員。単行本3巻よりMMRメンバーに加入、連載後期のチーフを務めた

MMRタナカ・イケダ・トマル隊員インタビュー トマル隊員。単行本6巻よりMMRメンバーに加入、2012年の「MMR復活編」はトマルが中心となって担当

―― 誰が「MMR」のお話を作ったり、漫画の担当をされたりという話は、今まで外に向けては語られていませんよね。

タナカ 我々が話を作って、それを作画の石垣ゆうき先生に見ていただいて意見をもらう、というやり方ですね。最初のころはキバヤシ中心で話を作っていまして、それを石垣さんに説明して描いてくださいという流れだったんです。

イケダ 石垣さんが取材に同行されることはあまりなかったんですね。ただ、石垣さんの意見が入ってないということではない。編集部は簡単な筋書きを持っていくだけなので、かなり肉付けしていただいてます。あと話の展開で強引なところをスムーズにしていただけたり、絵が入ると説得力も変わって来る。「取材とあらすじは編集部、漫画作りは石垣さん」と考えてもらえればと。



       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響