ニュース
» 2016年03月10日 10時00分 公開

伝説の漫画「MMR マガジンミステリー調査班」はこうして作られていた タナカ・イケダ・トマル隊員が語る「MMR」制作の裏側(前編)(1/3 ページ)

最新刊「新生MMR 迫りくる人類滅亡3大危機(トリプルクライシス)!!」発売を記念して、当時のMMR隊員たちに連載開始時から最新刊発売までの裏側を語ってもらいました。

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 かつて週刊少年マガジンで連載され、日本中の子どもたちを騒がせた漫画「MMR マガジンミステリー調査班」(石垣ゆうき)。その最新刊となる「新生MMR 迫りくる人類滅亡3大危機(トリプルクライシス)!!」が来る3月17日に発売されます。

 今でこそ「な、なんだってー!」のアスキーアートをはじめ、すっかりネタ化されている「MMR」ですが、連載当時は編集部の電話が鳴りっぱなしになるほどの反響があり、本気で怖がる子どもたちが後を絶たなかったそう。伝説の漫画はどのように生まれ、どのように作られていたのか。数々のトンデモエピソードや学説はどこまで本当だったのか、当時の担当編集であり、「MMR隊員」として実名で作品にも登場していた、タナカ・イケダ・トマル隊員に、連載当時の裏側を語っていただきました。


MMRタナカ・イケダ・トマル隊員インタビュー 左から順に、タナカ隊員、イケダ隊員、トマル隊員。キバヤシ、ナワヤの2人はすでに講談社を離れており、今回は残念ながら同席ならず


伝説の漫画「MMR」とは?

 「MMR」は1990年から1999年にかけ連載された、一種の“フェイク・ルポルタージュ”漫画。UFOや超能力、ノストラダムスの大予言といった超常現象に、キバヤシをリーダーとする週刊少年マガジン編集者たちが挑むという内容で、ネット上では「な、なんだってー!」や「話は聞かせてもらった! 人類は絶滅する!」などのアスキーアートでおなじみの作品でもあります。タイトルの「MMR」は「マガジン・ミステリー・ルポルタージュ」の略。

 1999年に人類が滅亡しなかったためMMRはその後いったん活動を休止しますが、2012年には講談社の読者参加型サイト「プロジェクト・アマテラス」上で「MMR復活編」としてふたたび集結(2014年に「新世紀黙示録MMR Resurrection」として単行本化)。その後プロジェクト・アマテラスの終了にともない、今度はメールマガジン(発行:まぐまぐ)へと連載の場を移し、さらなる新エピソードを書き溜めていました。今回発売される「新生MMR 迫りくる人類滅亡3大危機(トリプルクライシス)!!」はその「メールマガジン版」を単行本にまとめたものになります。

※「新世紀黙示録MMR Resurrection」は現在、新刊発売を記念して「マンガボックス」で無料公開中です(3月17日まで)




編集部が話を作り、石垣先生が説得力を加えた「MMR」

―― 「MMR」の初期メンバー、ここに再集結! ですね。

タナカ 私は途中で海外のミステリー調査のため抜けてしまったんですよ。そのあと、実際にはイケダがチーフになって、最後までやったんだっけ。

イケダ 一応、1999年に連載が終わるまではそうでしたね。

―― 「MMR」のメルマガにもありましたが、トマルさんは最初は推理小説という意味でのミステリー担当を希望していたのに、違う意味でのミステリーが仕事になって驚かれたそうですね。

トマル 多少脚色はしてますが、新入社員のときにやっぱりキバヤシさんの下に配属されたことが大きいですよね。先にイケダさんが加入していて、その次に僕が入って。その意味では「MMR」と「金田一少年の事件簿」は、まったく同時期に担当になりました。

―― それ以前から「MMR」を読まれてました?

トマル 僕は会社に入る前から、「MMR」を見ていて笑っていたクチなんですよ。そしたらまさか、自分がこんな目に! というところから始まっていて。それからキバヤシさんが実力を認めた、タナカさんがチーフという形になったんです。僕はどちらかと言うと、石垣さんのお尻を叩いてスケジュールを守って描いていただく仕事でしたね。

タナカ で、復活編の「Resurrection」(※)はトマルが担当しています。ただ、キバヤシは漫画のリーダーでもあるし、実際ネームの最終OKを出すのはキバヤシなので、隊長であることに変わりありません。

※2014年発売の「新世紀黙示録MMR Resurrection」。講談社の読者参加型サイト「プロジェクト・アマテラス(現在は終了)」上で2012年〜2013年にかけ連載された(関連記事

トマル もちろん「Resurrection」でも、必ずキバヤシさんに相談してますよ。「つまらん」と言われて、やり返すときもあったりして、ハードルは相変わらず高めでした。


MMRタナカ・イケダ・トマル隊員インタビュー タナカ隊員。キバヤシ、ナワヤと並ぶMMR初期メンバーの1人で、キバヤシにその実力を認められて第2代のチーフに抜てきされる

MMRタナカ・イケダ・トマル隊員インタビュー イケダ隊員。単行本3巻よりMMRメンバーに加入、連載後期のチーフを務めた

MMRタナカ・イケダ・トマル隊員インタビュー トマル隊員。単行本6巻よりMMRメンバーに加入、2012年の「MMR復活編」はトマルが中心となって担当

―― 誰が「MMR」のお話を作ったり、漫画の担当をされたりという話は、今まで外に向けては語られていませんよね。

タナカ 我々が話を作って、それを作画の石垣ゆうき先生に見ていただいて意見をもらう、というやり方ですね。最初のころはキバヤシ中心で話を作っていまして、それを石垣さんに説明して描いてくださいという流れだったんです。

イケダ 石垣さんが取材に同行されることはあまりなかったんですね。ただ、石垣さんの意見が入ってないということではない。編集部は簡単な筋書きを持っていくだけなので、かなり肉付けしていただいてます。あと話の展開で強引なところをスムーズにしていただけたり、絵が入ると説得力も変わって来る。「取材とあらすじは編集部、漫画作りは石垣さん」と考えてもらえればと。



       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/21/news020.jpg 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  2. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. /nl/articles/2402/21/news117.jpg えっ闇? マシン・ガン・ケリー、“スピリチュアルな目的”の新タトゥーに衝撃走る 「次のレベルに行った」「クソ気持ち悪い」と賛否
  4. /nl/articles/2402/21/news084.jpg 米セレブの18歳娘、“整形し過ぎ”指摘に強気の回答「美しいのは生まれつき」 露出増加&黒人化を心配する声も
  5. /nl/articles/2402/19/news013.jpg 【今日の計算】「1−2+3−4+5−6+7−8+9」を計算せよ
  6. /nl/articles/2402/21/news037.jpg 「雪見だいふくの天使」と話題の5歳女の子、父への“お伺い”が350万再生突破! あまりにかわいいやりとりにキュンが止まらない
  7. /nl/articles/2402/19/news025.jpg 「生後0カ月。もうクソデカい」 大型猫の赤ちゃん時代に「顔は子猫だけどサイズがすごい」「可愛いが大きすぎます」
  8. /nl/articles/2402/20/news096.jpg 「ピザハット・マルゲリータ」が1990円→590円に ピザハットが奇跡の4日間を開催
  9. /nl/articles/2402/16/news130.jpg 愛情いっぱいに育てた預かり子猫との最後の夜…… 「忘れて」と繰り返す親心に「涙止まりません」「幸せを願っての言葉」
  10. /nl/articles/2402/21/news012.jpg 大好きな兄が2階にいってすねちゃった猫、ママが励ますけれど…… 一歩踏み出せない乙女な姿が「なんでこんなにかわいいの!?」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」