ニュース
» 2016年03月10日 22時45分 公開

東日本大震災後、消灯されていた六本木の光る壁「Counter Void」が5年ぶり再点灯へ

巨大な7セグ数字が表示されるアート作品が期間限定で復活。

[ヒグチマサキ,ねとらぼ]

 東日本大震災以降明かりが消えていた、六本木・けやき坂の“光る壁”が3月11日から、5年ぶりに再点灯されます。「Relight Days」というイベントの一環で、点灯期間は3月13日までの3日間。


作品「Counter Void」点灯時 「Counter Void」点灯時(画像は公式ウェブページから

 この“光る壁”は、宮島達男氏による「Counter Void」というパブリックアート作品で、高さ5メートルの白い壁が、長さ50メートルにわたって続くというもの。夜間はこの壁が光り、そこに大きな7セグデジタル数字をカウントダウン表示するという迫力のある内容でした。この壁と数字は人間の「生と死」を表現したものでしたが、東日本大震災後、犠牲者への鎮魂と節電のため消灯されていました。


作品「Counter Void」昼間のようす 「Counter Void」昼間の様子(画像は公式ウェブページから

 しかし震災から消灯を続けた結果、消灯された状態が日常となり、消灯の持つ意味は少しずつ薄れてきました。そこで今回、「Relight Days」として5年ぶりに期間限定で壁を再点灯することで、震災や作品のテーマについて改めて考える機会を作ることになりました。

 期間中、壁の前では音楽演奏やワークショップ、被災地の今を体験できるVR映像展示など、いろいろなイベントが開催される予定です。震災後の5年間やこれからについて考える、よい機会になりそうです。

初掲載時、14日までとしておりましたが13日までの誤りでした。お詫びして訂正いたします。

ヒグチマサキ


関連キーワード

東日本大震災 | 芸術 | イベント | 六本木 | 災害 | 節電


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news150.jpg 岡副麻希、愛車“ドラえもん号”をチラ見せ 夫の指導で「や〜っと! まっすぐ停められるように…笑」
  2. /nl/articles/2205/24/news195.jpg 華原朋美、プロメイクでの“劇的若返りショット”が驚き呼ぶ 「あの頃のともちゃん」「憧れていた華原朋美さんが蘇った!」
  3. /nl/articles/2205/25/news105.jpg だいたひかる、4カ月長男の動画にファンから難病指摘 医師「その病気の可能性は99%ありえないです」
  4. /nl/articles/2205/24/news208.jpg 漫画家・冨樫義博さんがTwitter開設か 『ワンパンマン』村田雄介さんからの“本人確認”報告も
  5. /nl/articles/2205/23/news158.jpg 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  6. /nl/articles/2205/24/news145.jpg 上司「在宅勤務中にサボっているのでは?」 → 社員のログをあさったら“未申告残業”ばかり出てきた話が示唆に富む
  7. /nl/articles/1809/23/news019.jpg 炊飯器いっぱいに炊けまくった米…! 「5.5合炊いて」が生んだ悲劇に「全米が泣いた」「笑いすぎてしんどい」
  8. /nl/articles/2205/24/news141.jpg BIGBOSSに続くブーム到来? 日ハム、魅惑のチアパフォ「きつねダンス」に中毒者が続出する
  9. /nl/articles/2205/25/news092.jpg 佐田真由美、27年前の写真にセルフツッコミ「整形ばりに顔が違う」 ティーン時代のフレッシュな歌唱姿を公開
  10. /nl/articles/2205/24/news185.jpg 写真から人やモノを“一瞬”で消せるツールが「超便利」と話題に→実際にやってみたら本当に“一瞬”だった

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響