ニュース
» 2016年03月10日 23時56分 公開

お疲れさまでした! キングジムTwitterアカウントの「中の人」が交代を発表

姉さん、待ってますよ

[Kikka,ねとらぼ]

 ユーモア溢れるツイートで愛されてきたキングジムの「中の人」が、3月15日を最後に交代することを発表しました。ただし卒業ではなく、またいつか戻ってくるとのことです。


キングジム公式ツイッターを開設してから約6年間、いわゆる「中の人」として、当社のさまざまな情報や日常のユルい雑談をツイートしてきましたが、この度、一度「中の人」から離れることになりました。卒業ではないので、またいつか戻ってくることはお約束します。


 文具・オフィスメーカー「キングジム」の公式Twitter開設から約6年間に渡り、様々なツイートを発信してきた「中の人」。2014年には、活発な広報活動の功績が認められ、社長賞を受賞するまでになりました。



 なお、今回の交代の原因はネガティブなものではないとのことで、その辺りも「中の人」らしくお茶目に説明しています。決して「何かやらかしたから」ではなく、ほかに向き合わなければならない仕事との両立が難しくなり、一旦そちらに専念するためとのこと。


長年に渡って「中の人」をやってきたので、離れる決断はさびしく、これから皆さんとお話できなくなることは本当に心苦しいのですが、ほかに向き合わなければならない仕事との両立がむずかしくなり、一旦はそちらに専念することにしました。

なので、なにかやらかして会社をクビになったとか、体育館裏に呼び出しすぎて法務部のエラい人に注意されたとか、そういうことではないです、はい。


 突然の交代発表に、企業公式アカウントをはじめ、多くのTwitter民から「おつかれさまでした!」「お姉さま!待ってます!」などのコメントが並び、「中の人」の労をねぎらっています。




 3月15日以降は、「中の人」から(妹)さんに、バトンタッチされるとのことで、しばしのお別れとなりますが、元祖「中の人」がカムバックする日をお待ちしています。

 本当にお疲れさまでした!


キングジムの中の人 「中の人」から交代の発表(「キングジム」公式Twitterより

キングジムの中の人 社長賞を受賞したこともありました(「キングジム」公式Twitterより

(Kikka)


関連キーワード

Twitter | キングジム | 公式アカウント | 卒業


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2007/13/news009.jpg 犬「わーい!」飼い主「あああああ!!!」 全力で泥水に突っ込むゴールデンレトリバーに絶叫する飼い主が面白い
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2007/11/news038.jpg 「これは神の料理ですか!?」 レンジで作る「豚肉と大葉の茄子サンド」がうますぎて無限ビール案件
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2007/12/news005.jpg 子猫におっぱいをあげるオス猫さん……! 子猫がやってきて母性が目覚めた猫ちゃんのエピソードにほっこり
  6. /nl/articles/2007/12/news038.jpg 査読時に「ポンコツ博士でごめんね」と泣く 論文が受理されるまでの苦悩描いたパネル「ろんぶんができるまで」が学者あるあるで泣けて笑える
  7. /nl/articles/2007/12/news028.jpg 総額いったい何十億円だこれ!? 米クルマ好きおじさんが公開したガレージがドリームすぎる 億超えスーパーカーずらり
  8. /nl/articles/2007/13/news127.jpg 「お前を消す方法」でおなじみの“Excelイルカ”、最新版でも予想外の場所で生存が確認される 「なつかしい」「再雇用枠か」
  9. /nl/articles/2007/13/news002.jpg 子どもにジュース買おうとしたら「わたしたち無課金勢なので」と断られる 善意が理不尽となって返ってくる「耐え子の日常」ー子ども&動物編ー
  10. /nl/articles/2007/12/news007.jpg 愛猫と「何かが通じた…!」と感じる瞬間 猫との会話を楽しむ飼い主の漫画に共感の嵐