ニュース
» 2016年03月11日 21時32分 公開

ギガゾンビの仮面がより恐怖に! 「ドラえもん 新・のび太の日本誕生」は27年前の旧作からどう変わったかねとらぼレビュー

育て親が共感できる演出も……良リメイク作が誕生!

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 27年ぶりの、ギー―ガーー!!

 3月5日、映画「ドラえもん 新・のび太の日本誕生」が全国公開された。1989年に公開された映画「ドラえもん のび太の日本誕生」のリメイク作品だ。子どものころに劇場やビデオで見て、敵のギガゾンビや土偶のツチダマ、大根をパカっと割るとホカホカご飯が出てくるひみつ道具など記憶に残っている人も多いはず。


 舞台は7万年前の日本。親の教育に嫌気が差したのび太たち5人は、まだ人間が誰も住んでいないころの日本へ“史上最大の家出”をしようとタイムマシンで原始時代へ向かう。ひみつ道具で住まいや畑、架空の生き物など自分たちだけの世界を作るなか、同時代に生きる原始人の少年・ククルと遭遇。彼の一族・ヒカリ族が不死身の精霊王「ギガゾンビ」が率いるクラヤミ族に連れ去られた事を知り、のび太らは救出に向かうという物語だ。

 公開翌年にはファミコン用ソフト「ドラえもん ギガゾンビの逆襲」というスピンオフ作品が作られるなど人気を博していたが、このたび27年の時を経て還ってきた。物語の大筋は9割方変わらないものの、ギガゾンビの怖さも増し、メッセージも強く打ち出されと、素晴らしいリメイク作品が誕生。幼いときに旧作を見た人に向け、新作がどのように生まれ変わったか紹介しよう。ギーーガーー!!(※ツチダマの叫び声)

ギガゾンビの仮面がより凶暴に ツチダマも増加

 「日本誕生」の黒幕、ギガゾンビ。旧作ではドラえもんがひみつ道具で止めた時間を解除してくるなど恐怖の存在だったが、なんといっても不気味なのが仮面だ。板に目、鼻、口をくり抜いた面に、小さなドクロと2本の角を付け加えた造りが、シンプルながらも呪術的な気味悪さをたたえていた。トラウマとして記憶に残っている人もいるのでは。

新・のび太の日本誕生 旧劇場版・漫画版のギガゾンビの仮面(藤子・F・不二雄ミュージアムで開催中「のび太の日本誕生と時空の旅」展より)

 新作ではこの仮面のデザインが大きく変更。“奥ゆかしい怖さ”から“分かりやすい怖さ”になった。

 2本の角の間に、ヤギのような鋭い角が1本追加。目はよりつり上がり、おでこに怒り眉のようなVの字ラインが入るなど、明らかに凶暴性が増した。さらに頬のラインが内側にへこんで“ゾンビ感”がアップ。仮面の素材が木の板から、原始時代ではありえない金属質の物体に変わっているなど、より異界の存在としてのイメージを強めている。ぱっと見で分かる“凶暴性”“異界の存在感”の要素が仮面に増え、危険人物と断定しやすくなった。

新・のび太の日本誕生 ←旧ギガゾンビ 新ギガゾンビ→

 劇場でこの新ギガゾンビが登場したとき、筆者の左隣や後ろから「ねー怖いー、これいつ終わるのー?」「こーわーいー」と子どもの怯える声が聞こえてきた。右隣でポップコーンを奪い合っていた幼い兄妹も黙ってスクリーンを凝視。分かりやすい恐怖を手に入れた不死身の精霊王は、現代の子どもたちにもトラウマとして記憶に刻み込まれそうだ。

 もう1つ、ギガゾンビの手下である中ボス・ツチダマが5体に増えた。もともと旧作では「遮光器土偶」にそっくりな生物で、宙を自由自在に動き回り、衝撃波を放ち、割れても元通りにくっつくという強敵だった。実は漫画版でも量産タイプとして約10体くらい出ていた。

新・のび太の日本誕生 新劇場版のツチダマたち。増えた……だと……!?(映画「ドラえもん 新・のび太の日本誕生」公式サイト)

 新劇場版ではこの1体に加え、デザインも色も異なる新たな土偶が4種類登場し、のび太たちの前に立ちはだかる。旧作でツチダマを知る者にとっては未知数の恐怖。あの脅威はどう変化しているのか、「ギーーガーー」の叫び声はどうなっているのか、その目と耳でご確認を。

育て親の心情を深掘りに

 ストーリーへの影響は特にないが、新作ではある2人の育て親の心境が演出面でより掘り下げられている。のび太のママが我が子を心配する心、そしてのび太が原始時代で作り上げたペットを思う心だ。

 旧作では家出を宣言するのび太に対し、ママは1度叱りつけるだけで後はノータッチだった。今回は、帰りが遅いのび太を心配したり、パパに相談したりと、自分の教育が正しいのか葛藤するシーンが要所要所に登場。大人だからこそ分かる親の愛にぐっとくる。

新・のび太の日本誕生 新劇場版のペガ、グリ、ドラコ。かわいさUP(映画「ドラえもん 新・のび太の日本誕生」公式サイト)

 さらに、のび太がひみつ道具で生み出す3匹のペット、ペガ、グリ、ドラコとの交流も濃厚に。木の棒を投げて遊んでもらう、知らない土地で寝るのが怖くて泣きつくなど、旧作にはない3匹の甘えん坊なシーンが追加されており、それに応えるのび太の愛情に毎度ほっこりする。こうした交流を踏まえて迎えるラストシーン。ペットを飼ったことがある筆者は、のび太の一言一言が突き刺さってつい涙ぐんでしまった。

 のび太を思うママ、ペットを思うのび太、2人の育て親の愛情をより深掘りした内容に。幼いころに旧作をみて、今は親となっているみなさんには、新しい共感が待っているだろう。

ラスト5分の4あたりから急展開

 新作のストーリーはほとんど旧作と変わらず進んでいくが、5分の4あたり、終盤のクライマックスに来たところでまったく異なる展開に。具体的には、親玉・ギガゾンビの倒され方。ここに、旧作にはない大きなメッセージが追加されている。

 旧作のラストは、ギガゾンビのアジトから脱出を試みた5人が閉じ込められてしまうものの、タイムパトロールが救出しに来てくれ、そのままギガゾンビも逮捕してしまうという終わり方。タイムパトロールが圧倒的な力ですべてを解決するタイムパトロール無双だった。

 新作では、ドラえもんたちはアジトから脱出するのではなくギガゾンビに決着をつけに立ち向かうため、エンディングが一気に急変。ククルとともに6人で戦う、旧作にないバトルが描かれる。

 そこでククルが見せる原始人ならではの知恵と行動、ドラえもんが放つ一言が重要。紀元前7年前に家出したのび太たち、そしてスクリーンの前の少年少女大人たちへ向け、「現実から逃げずに戦うこと」の大切さが明確に訴えられている。これがまた本当に教育的。エンドロールの挿絵も大事なので、山崎まさよしの主題歌を心に染み込ませながらぜひ最後までご覧ください。

 細かな演出、ラストの改変によって、これまた素晴らしいリメイク作品に仕上がった「ドラえもん 新・のび太の日本誕生」。旧作を知る大人たちにこそギガおすすめ。amazon.co.jpで漫画原作のKindle版も期間限定で無料配信中なので、読み返してから違いを楽しんでみよう。この勢いで、ゲーム「ドラえもん ギガゾンビの逆襲」のアプリ化やリメイクも、なにとぞよろしくお願いします……!

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  3. /nl/articles/2110/25/news023.jpg 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙
  4. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  5. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  6. /nl/articles/2110/26/news020.jpg 「最後くそわろた」「盛大に吹いたw」 コンビニバイトが出会った“変なお客さん”の珍行動漫画が話題に
  7. /nl/articles/2110/25/news057.jpg 子どもが熱を出したママのシフト変更を断った独身時代…… 親になって気付いた“ワーママの休みづらさ”を描いた漫画に反響
  8. /nl/articles/2110/26/news070.jpg ガンダムを廃材から作り出す職人がすごい 可動まで実現する神業に「令和のプラモ狂四郎」の呼び声
  9. /nl/articles/2012/09/news170.jpg ノジマ、PS5抽選販売で「転売ヤーを1件ずつ人力で排除」 応募総数は12万件、当選発表の遅れを謝罪
  10. /nl/articles/2110/21/news140.jpg 「早よ来い。ボケ」 知らない人から暴言メールが来たと思ったら…… ダブりの先輩から告白される漫画がシュールなハイスピードラブストーリー

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙