ニュース
» 2016年03月19日 22時00分 公開

主役はダース・モール! ファンが作った「スター・ウォーズ」ムービーがクオリティ高すぎ

もう一度「ダース・モール」が見たいからという思いで作られました。

[Jun,ねとらぼ]

 スター・ウォーズをテーマにした、ファン制作の短編作品「DARTH MAUL: Apprentice - A Star Wars Fan-Film」が公開され、クオリティの高さで話題になっています。制作したのはドイツの 「T7 Production」。Vi-Dan Tran氏とShawn Bu氏による映像プロダクションで、2人は映画、短編作品、ミュージックビデオの制作に携わっています。

 ファン制作のムービーは、映像制作用ソフトウェアとハードウェアの進化と共に着実にクオリティが高まってきていますが、この作品は映像作家が手掛けただけあって、スピンオフとして制作された映画かと思ってしまうほど、本気度が高い仕上がりとなっています。


DARTH MAUL: Apprentice - A Star Wars Fan-Film

 主役は「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス」に登場したシスの暗黒卿「ダース・モール」です。その強さ、風貌などから根強いファンがおり、日本でも昨年話題となった「スター・ウォーズねぶた」にダークサイドである「シス」代表の一人として登場しました。

 人気はあれど、ダース・モールが登場した映画はエピソード1のみ。「DARTH MAUL: Apprentice - A Star Wars Fan-Film」は、ファンとしてもっとたくさんダース・モールを見たい、という一心で、2年の月日を費やして制作されました。

 作品中では詳しいバックグラウンドは語られていませんが、ダース・モールの師である「ダース・シディアス」の元で、シスの「アプレンティス(徒弟)」として訓練を受けていた頃のストーリーのようです。そのさなか、ライトサイドである「ジェダイ」の一団が調査に訪れるところから始まります。残念ながら日本語字幕はありませんが、アクション多めとなっており見ごたえは十分です。


ジェダイ マスターを含めた5人のジェダイと対峙……これ本編より危機的状況ですよ!

ダース・モール だが、さすがのダース・モール。まだ徒弟のくせにチートすぎ

ライトセーバーとフォース ライトセーバーとフォースを駆使した殺陣、スター・ウォーズ愛を感じます

アプレンティス対アプレンティス 絶望感漂うクライマックス、シス・アプレンティス対ジェダイ・アプレンティスの戦い

 T7 ProductionのFaceBookによると、プロダクションの説明として「ドイツでハリウッドクオリティの作品を作り出すことがゴールだ」と記載しています。この作品を見る限り、ゴールテープが見える位置にいることは間違いなさそうです。


メイキングである「Behind the Scenes of DARTH MAUL: APPRENTICE (NEW)」。カメラドリーなど映画制作で使用する装備を投入しているところもスゴイが、俳優さんのアクションもスゴイ!

(Jun)


関連キーワード

スター・ウォーズ | 映画 | 動画 | YouTube


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」