ニュース
» 2016年03月21日 09時00分 公開

災害時に役立つ……のか? レモンを使って火を起こすライフハック

レモンのおかげで命が助かる可能性が微レ存。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 果物に含まれるクエン酸を電解液として使った果物電池は、自由研究のテーマとしてもポピュラーなところですが、なんとこれを火起こしに利用したサバイバル技術が、YouTubeで注目を集めています。

 火起こしに用いられたのは、レモン1個と、6組の釘とピン、導線とスチールウール。レモンに釘とピンを突き立て、導線でつないでやると、あっという間にレモン電池が完成。両極をスチールウールに当てて発熱し、見事種火を作ることに成功しています。動画には「ライターのほうが早い」「そして残ったレモンはウィスキーに入れて飲もう」「そもそもこんな極寒の地にレモンあんのか?」といったツッコミが寄せられていますが、レモンで火を起こせることそのものに意義があるのでしょう、きっと。


材料紹介 材料はありふれたものばかり。有事の際に揃うかどうかはさておき

電極を刺す 釘とピンを並行してレモンに突き立てる

電極を接続 6組中5組の釘とピンを接続

完成 残った1組に導線をつけたら完成

実験 実験開始。スチールウールに火種のティッシュを乗せて、両極を接触

着火 ほどなくして着火に成功

燃えた! 火種を追加して火勢を強める

火鉢 火鉢の中で燃え上がる炎。炭やマキなどをくべれば十分に暖を取れそう

 動画が投稿されたのはYouTubeチャンネルの「NorthSurvival」。ほかにも「オレンジの皮を器にしてケーキを焼く方法」や「原始的な獣獲り罠の作り方」など、実用性はさておき、ユニークな技術を多数紹介しています。災害時にレモンと釘と導線だけが手元にあるという状況は、そうそうあるものではないでしょうが、人生何が起きるかわかったものではありません。こうした基礎知識は覚えておいて損はないでしょう。得するかどうかは応用力次第ですが。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」