ニュース
» 2016年03月25日 14時46分 公開

スワイプでモンスターボールを投げてARのポケモンをゲット! 「Pokemon GO」新情報公開

「Ingress」的なシステムも判明。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 AR(拡張現実)技術により、現実世界でポケモンを集めて戦わせることができるスマートフォンアプリ「Pokemon GO」(関連記事)。その最新情報が公式サイトに公開されました。

 プレイ中は、スマホの位置情報をもとにした、周囲の地図や風景が表示されます。プレイヤーが実地を歩いて探索するうちに、現実の風景上にポケモンが登場。これをタップし、画面上のモンスターボールをスワイプで投げると捕まえられます。例えば水辺ならみずタイプのゼニガメというように、ロケーションに対応したポケモンが現れるそうです。


俯瞰地図ポケモン登場 地図を見ながらリアル世界を探索すると、ポケモンが登場

ゼニガメ遭遇ゲット 地図上でポケモンをタップすると、遭遇画面に。画面下のモンスターボールを、スワイプで投げると捕まえられます

 同作の開発にはナイアンティックが協力しており、同社の「Ingress」のシステムも取り入れられているようです。「Ingress」の「ポータル」と同様に、名所史跡やモニュメントなどに「ポケストップ」が出現。プレイヤーはここにおもむくことで、モンスターボールなど各種道具や、ポケモンのタマゴを入手できます。タマゴは他のシリーズ作品と同様、たくさん歩くことでポケモンにかえすことができます。ただし「Pokemon GO」の場合、歩くのはプレイヤー自身ということに。

 「Ingress」でプレイヤーが2陣営に分かれて競うように、「Pokemon GO」にもチームによる競争の要素が盛り込まれています。プレイヤーが多くのポケモンを捕まえて、トレーナーとしてのレベルを上げると、3種類のチームのいずれかに参加するよう要請されます。参加したら、ポケストップと同様に各地に出現するジムに、自分のポケモンを配置して所属。チームメンバーと協力してジムを守る、ジムバトルを楽しめます。1つのジムに配置できるポケモンは、1プレイヤーにつき1匹まで。多くのチームメンバーがポケモンを配置すれば、ジムの守りをより強固にできる仕組みになっています。

 まさにリアルなポケモントレーナー体験ができそうな「Pokemon GO」は、2016年内のサービス開始を予定。3月末から開始のフィールドテストも、3月25日現在、まだ参加登録を受け付けています(関連記事)。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/26/news145.jpg すみれ、息子を見つめる“お宮参り”2ショットに反響 「お母さんですね〜」「着物が似合いますね」
  2. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  3. /nl/articles/2205/24/news145.jpg 上司「在宅勤務中にサボっているのでは?」 → 社員のログをあさったら“未申告残業”ばかり出てきた話が示唆に富む
  4. /nl/articles/2205/25/news190.jpg 親子そろって最高すぎる! 本木雅弘&長男UTA、“腕時計”輝く新ビジュアルで洗練されたスタイル披露
  5. /nl/articles/2205/26/news105.jpg つるの剛士、47歳誕生日に妻から最高の“サプライズ” 「完全にパパ酩酊」「妻は天使なのか女神なのか聖母なのか…」
  6. /nl/articles/2205/26/news017.jpg イタズラが見つかった柴犬、しょんぼりしてると思いきや…… まさかの真相に「大声で笑ったw」「反省姿がツボです」の声
  7. /nl/articles/2205/26/news009.jpg 野良猫親子を保護→怒られるのを承知で子猫を抱っこしたら…… 親猫のまさかの反応に「信頼しているんでしょうね」の声
  8. /nl/articles/2205/25/news105.jpg だいたひかる、4カ月長男の動画にファンから難病指摘 医師「その病気の可能性は99%ありえないです」
  9. /nl/articles/2205/25/news202.jpg 「アクシデントではなく」SHELLY、事実婚パートナーとの間に第3子妊娠 前夫も「よかったじゃん!」と祝福
  10. /nl/articles/2109/26/news033.jpg 川島なお美さんの7回忌を夫・鎧塚俊彦さんが報告 コロナ禍で“粛々とした”供養になるも墓前はゴージャスに変身

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響