ニュース
» 2016年03月25日 21時54分 公開

「お尻に見える」と話題の世界最大の航空機 最終組立を終えなおプリンプリン

空飛ぶ銀のお尻。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 全長92メートルという世界最大の航空機「AIRLANDER 10」が最終組立を終え、英ロンドン北部の格納庫で宙に吊るされた状態で公開されました。実は同機は完成前から船体が「お尻に見える」と話題になっていたのですが、完成した姿もやはり正面から見るとプリンプリン。大きさとは別の衝撃を与えてくれます。

AIRLANDER 10 正面から見た「AIRLANDER 10」。見事な曲線だ……(AIRLANDER公式サイトより)

 「AIRLANDER 10」は、飛行機とヘリコプターの特性を飛行船に組み合わせた航空機。ヘリウムガスで高度6100メートルまで上昇し、最大積載量は1万キログラム、1度に5日間飛べる(無人だと2週間以上)というハイスペックです。特徴的なのは船体の形。横から見ると縦方向へ上反りの楕円形となっており、空気力学によって機体の上昇力が40%アップ。さらに前後に複数ある空気房で機体に圧力制御をもたらしています。

AIRLANDER 10 船体の空気力学を説明する動画がすでにプリンプリン

 そんな飛行性能を高める船体のフォルムですが、正面からだとお尻に見えてしまうという意見がネットで続出。海外では、雑誌「PLAYBOY」でヌードも披露した米モデル、キム・カーダシアンのお尻を思い出す人々が現れました。日本でもテレビで放映されていた同機に、つい肌色を着けてTwitterに投稿してしまう人も……これはしょうがない。

 公式サイトでは「AIRLANDER 10」の飛行テストの様子も公開中。夕焼けの中を銀のお尻がゆっくり迫ってくる光景が神々しいです。飛行船の機能美とお尻の機能美が偶然に一致した自然界の神秘。今後さまざまな土地で浮かぶ姿が楽しみです。

AIRLANDER 10 夕焼けを悠然と進むお尻

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響