ニュース
» 2016年03月25日 23時13分 公開

「ガチャ問題」業界団体が共同でガイドライン順守徹底へ 「グラブル」Cygamesや「白猫」コロプラなども

これまでJOGAに参加していなかった会社にもガイドライン順守を呼びかけていくとしています。

[ねとらぼ]

 日本オンラインゲーム協会(JOGA)およびモバイル・コンテンツ・フォーラム(MCF)は3月24日、昨今問題視されているオンラインゲームの問題解決に向け、連絡会を作り共同で取り組んでいくと発表しました



 これまでJOGAには71社(正会員41社、準会員25社、賛助会員5社)が所属していましたが、今後はMCFの所属会社(3月9日時点で132社)や、その他のオンラインゲーム会社にも、法律の順守やコンプライアンス啓発を呼びかけていくのが狙い。まずは4月1日より、改正景品表示法に対応したJOGAの新ガイドラインが施行されるのを機に、両団体共同で説明会を実施。今後はMCFの会員やその他のオンラインゲーム会社にも、JOGAのガイドライン順守を呼びかけていくとしています。



 JOGAのガイドラインは、コンプガチャが問題になった2012年に策定されたもので、コンプガチャに相当する行為の禁止や、ガチャを提供する場合のルールなどが細かく定められています。例えばガイドラインでは、ガチャを提供する場合、次の4つのいずれかを守るよう求めていました。


a.レアアイテムの取得にかかる推定金額は有料ガチャ1回あたりの額の100倍以内とし、これを超える場合はその推定金額や倍率を表示する

b.同金額の上限は「5万円以内」とし、これを超える場合はページ内に推定金額や倍率を表示する

c.レアアイテム出現率の上限と下限を表示する

d.アイテムごとの出現率を表示する

※一部で4月1日より施行されるとの報道がありましたが、これらのルールは2012年時点から存在していたもの


 JOGAの主な会員企業としては、「パズル&ドラゴンズ」のガンホー・オンライン・エンターテイメントや「モンスターストライク」のミクシィなど。一方、MCF側には「グランブルーファンタジー」のCygamesや、「白猫プロジェクト」のコロプラ、「実況パワフルプロ野球」のコナミデジタルエンタテインメント、「アイドルマスター シンデレラガールズ」シリーズのバンダイナムコエンターテインメントなどが所属しており、JOGAの発表通りであれば、4月以降はこれらの会社・タイトルにもガイドライン順守が求められていくことになります。





Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む