ニュース
» 2016年03月26日 12時07分 公開

志摩市の公認撤回キャラ「碧志摩メグ」が観光協会とPR活動を本格化 新作ポスターはデザイン控え目?

仕切り直しで非公認キャラとして再始動。

[ねとらぼ]

 志摩市が昨年11月に公認を撤回した萌えキャラクター「碧志摩(あおしま)メグ」が志摩市観光協会と観光PRを、積極的に活動することになり、このたび新作ポスターを3月28日より無料で配布することになった。

碧志摩メグ碧志摩メグ 新作ポスター2種のうち、伊勢海老を手に持つ方はデザインをおとなしめにしている

 「碧志摩メグ」は、三重県志摩市公認の“海女さん”萌えキャラとして2014年に誕生。しかし「キャラクターデザインが性的すぎる」「海女を侮辱している」など一部から批判の声があがり、制作側が公認撤回を申し入れて志摩市側がこれを受け入れた(関連記事)。その後は非公認キャラクターとしてデザインを変更することなく活動していくことにしていた。

 新作ポスターは「伊勢海老賢島バージョン」と「浜島ビン玉ロードバージョン」の各1000枚制作された。伊勢海老を手に持つ方は、従来のものとは異なりプロポーションも強調されておらず腰に巻いた「磯ナカネ」もはだけていない落ち着いたデザインのようだ。ポスターはA2サイズで志摩市観光協会で配布される。

 担当者によれば、「海女さんの皆様からの反対はほとんどなく、すでに話し合いの結果地元のPRには必要と地域の理解を得ている」とのこと。今後は観光協会とともにオリジナルグッズなどを積極的に展開していくという。

碧志摩メグ 「碧志摩メグ」公式サイト

(C)MARIBON


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン