ニュース
» 2016年03月26日 23時23分 公開

「マッドマックス 怒りのデス・ロード」の極上爆音上映が復活! 立川シネマシティが新たに6000万円超のスピーカーを導入する暴挙に

これぞ立川シネマシティの本気だー!

[束子,ねとらぼ]

 「【極爆】は死んで、甦る。さらに《MAD》を増幅(アンプリファイ)して」――立川シネマシティ(東京都立川市)で4月2日から「マッドマックス 怒りのデス・ロード」の“極上爆音上映”が復活します


マッドマックス 復活!!

 第88回アカデミー賞で6冠に輝いたことなどを記念したもので、同館は再上映に際して6000万円超の高額スピーカーを導入。全力で偉業を讃えようとしています。

 新たに導入したのはMeyer Sound社のラインアレイスピーカー「LEOPARD」。1カ所から球面状に広がることで場所によっては音が明瞭性を失う従来のスピーカーとは異なり、ラインアレイスピーカーは複数のスピーカーを縦に設置することで、音を円筒状に真っ直ぐ飛ばすことができます。つまり「マッドマックス」の爆音がよりクリアに私たち観客にぶつかってくるのです!


マッドマックス 熱量がハンパないチラシ

 同作が公開された2015年夏、「マッドにマッドで応えるため」と、同じくMeyer Sound社の高性能サブウーファーを導入。既に音響環境には定評がありましたが、このたびさらに最新・最強のスピーカーを追加しました。さらに、音響家が大音量上映のために再調整を行ったそうです。担当者のマッドマックス愛が溢れすぎている……。

 復活上映の価格は通常料金。ウォーボーイズ&ガールズたちだけでなく、これから観ようとしている人も、音でこじ開けられた「英雄の館(ヴァルハラ)の門」の先に待つ“新感覚の映画鑑賞”を体験してみてはいかがでしょうか。

束子

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む