ニュース
» 2016年03月27日 11時00分 公開

米動物園のベテランイクメン犬「Blakely」、チーター5匹の育児を開始

種族の壁を超え過ぎ!

[Jun,ねとらぼ]

 アメリカのオハイオ州にある動物園「Cincinnati Zoo & Botanical Garden」で、ベテランのイクメン犬「Blakely」が、5匹のチーターの赤ちゃんの育児を始めました。


目が空いたばかりの赤ちゃんチーター、みんなもふもふ!

Blakely 彼らを育成するのは種族を超えたイクメンぶりを発揮する「Blakely」

赤ちゃんチーター 「Blakely」のそばで安心して眠る赤ちゃんチーター

 チーターの赤ちゃんは3匹が男の子、2匹が女の子。今年の3月8日に早産で生まれました。チーターのお母さんは、手術後もあらゆる手が尽くされましたが、不幸にも命を落としてしまいました。残された赤ちゃんたちは動物園の育児室で手厚く世話されており、スタッフが3時間おきにほ乳瓶で授乳させています。しかしながら赤ちゃんたちには栄養の他にも、親が子どもに対して行うケアや温もりも必要です。

 そこに登場するのが、動物園でベテランの育児犬として働く、オーストラリアン・シェパードの「Blakely」です。彼はこれまでにチーター(このときは1匹)をはじめとして、サーバル、スカンク、イボイノシシ、キツネ、カモシカなどの育児を種族を超えて務めあげてきました。


育児放棄されてしまったカモシカの赤ちゃん「Dale」と育ての親「Blakely」

 育児の主な内容は、赤ちゃんたちにすりすりしたり、安心させたり、そして「体に登らせてあげる」ことです。体に登ることは赤ちゃんたちにとって特に大切なことで、筋肉を作るための適度な運動となるほか、腸などの消化器系を動かし、健康を維持するために重要な排便を促します。

 今後、8〜12週の育児期間が必要となり、「Blakely」の役割もチーターたちの成長に伴って、体に登らせてあげ、ぬくもりを与えるといったものから変化していきます。初めて世話をしたチーターに甘噛みを教えたように、赤ちゃんにとってよき師になるといいます。

 イクメン犬「Blakely」の育児は国際的に見ても重要な仕事です。チーターは1900年には地球上に約10万頭いましたが、現在では約9000から12000頭と激減しており、その中の貴重な赤ちゃんたちを預かることになります。それに加えて、体力がありあまる元気な5匹を種族を超えて子育てするとは……まったく頭の下がる思いです。


(Jun)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/1907/29/news103.jpg 秋吉久美子、亡き息子の誕生日に思いをつづる 「二人は常に連なって一緒に生きている」
  2. /nl/articles/2104/12/news014.jpg 柴犬たちもソーシャルディスタンスばっちり……! 絶妙な距離感で並ぶ柴犬親子が面白かわいい
  3. /nl/articles/2104/12/news075.jpg 「3時のヒロイン」ゆめっち、メイクのビフォーアフターに驚きの声 「ライザップのCMくらいの衝撃」「違う人かと思った…!」
  4. /nl/articles/2104/12/news077.jpg 「カブトボーグ」がJ:COMの無料チャンネルでまさかの再放送! 「次回予告がウソ」「ヒロインが週替わり」数々の伝説残したカオスアニメ
  5. /nl/articles/2104/12/news128.jpg 元“小学生ホスト”琉ちゃろ、中学入学で10年ぶりの黒髪に 母ちいめろは校則に苦言も、本人は「そんなに違和感がなくてびっくり」
  6. /nl/articles/2010/05/news063.jpg 第2子妊娠の浜崎あゆみ、42歳バースデーで華やかな豪邸披露 「幸せの形は人それぞれ」と私生活に持論 
  7. /nl/articles/2104/11/news006.jpg 仕事中でも注意散漫、集団行動ができない「発達障害」な漫画家の通院体験漫画『なおりはしないが、ましになる』
  8. /nl/articles/2104/12/news022.jpg 尿意を限界突破しながら我が子のピンチを救う漫画 お散歩アクシデントを跳ね飛ばす母の愛に感動&爆笑
  9. /nl/articles/2104/11/news007.jpg 在宅ワーク中、猫たちがPC前を占拠して…… 「残業は禁止ニャ!」と訴える元保護猫の姉妹がかわいい
  10. /nl/articles/2104/12/news033.jpg 桜玉吉『伊豆漫玉エレジー』が本日発売、還暦を迎えた玉吉先生と担当のプチ対談をお届け 「お元気ですか?」「元気じゃないよ(笑)」

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声