ニュース
» 2016年03月29日 09時00分 公開

高所の板渡りや電車の運転をバーチャル体験 バンダイナムコがVRエンターテイメント研究施設を台場にオープン

6種類のVRアクティビティを体験可能。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 ロボットの操縦やスキーの急滑降など、未知の体験を最新のVR(仮想現実)技術を通じて楽しめる。


イメージ

 バンダイナムコエンターテインメントが、VR技術を応用したエンターテイメント施設「VR ZONE Project i Can」を東京のお台場に開設。ダイバーシティ東京プラザ3階にて、4月15日から約半年の期間限定でオープンする。

 オープン時には6種類のVRアクティビティが用意される予定。地上200メートルの細い板を渡る「高所恐怖SHOW」や、スポーツ走行や鉄道の運転が体感できる「リアルドライブ」「トレインマスター」、巨大な病棟の廃墟を探索する「脱出病棟Ω(オメガ)」など、VR空間でのさまざまな仮想体験が可能だ。公開されたティーザームービーでは、VRゴーグルを用いた体験のイメージが伝えられている。

動画が取得できませんでした

 混雑緩和のため、同施設への入場にはネットでの予約制が採られており、4月8日の正午から公式サイトで予約受付を開始。入場は無料で、各VRアクティビティの体験料金は、バンダイナムコグループの電子マネー「バナコイン」で支払うことになる。VRゴーグルを用いたVRアクティビティは、対象年齢13歳以上。その他の利用に関する制限事項は、予約受付開始と同時に公式サイトで案内するとのこと。


施設イメージ 施設の外観イメージ。エントランスでバナコインの購入やチャージが可能

VR ZONE Project i Can概要

  • 所在地:東京都江東区青海1-1-10 ダイバーシティ東京プラザ 3階
  • 営業期間:2016年4月15日〜10月中旬(予定)
  • 営業時間:10時〜21時(ネット予約制)※不定休
  • 入場料金:無料
  • 体験料金:1人1回651〜930バナコイン(700〜1000円)


(沓澤真二)



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/18/news019.jpg 武田真治、世界限定500台の愛車「ダッジチャレンジャー MOPAR10」を初公開 “ゴジラ怪獣”仕様のテールランプに「後ろ姿カッコいい」とご満悦
  2. /nl/articles/2104/18/news007.jpg 「生後8カ月でこの大きさ!?」「おっきい猫ちゃん最高ですね」 デカモフに成長した子猫のビフォーアフターに称賛集まる
  3. /nl/articles/2104/17/news036.jpg ガンプラ用の塗装ペン「ガンダムメッキシルバー」がピカピカに塗れてすごいと話題 プラスチック製スプーンが塗っただけで輝く!
  4. /nl/articles/2104/18/news008.jpg オヤツの時間に、猫たちが乱入してきて…… 大乱闘を始める猫ちゃんとあきれる息子くんの光景が面白い
  5. /nl/articles/2102/02/news012.jpg 台風の雨の日に出会った小さな猫→でっかい猫に! 貫禄たっぷりに大成長した姿に「よかったね」「幸せそう」の声
  6. /nl/articles/2012/15/news014.jpg 「メインクーンの成長恐るべし」 手のひらに乗っていた子猫時代→現在のビフォーアフターが想像を超えていく
  7. /nl/articles/2104/17/news006.jpg 「なんかデカくないですか?」「軽く恐怖感じた笑」 飼い主を出迎えるポメラニアンの姿に驚きの声
  8. /nl/articles/2104/18/news001.jpg 猫「これは一体なんなのニャ……」 ポップコーンマシンに興味津々な猫ちゃんがかわいい
  9. /nl/articles/2104/18/news023.jpg サンシャイン池崎、「エヴァQ」3分解説が空前絶後の分かりやすさ “碇シンジ=小島よしお”の謎設定が天才的
  10. /nl/articles/2104/18/news005.jpg 「パパとママ守る、だからね……」 ほのぼのムードから急にキルアみたいなことを言う娘の漫画が怖くて笑う