ニュース
» 2016年03月29日 09時00分 公開

高所の板渡りや電車の運転をバーチャル体験 バンダイナムコがVRエンターテイメント研究施設を台場にオープン

6種類のVRアクティビティを体験可能。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 ロボットの操縦やスキーの急滑降など、未知の体験を最新のVR(仮想現実)技術を通じて楽しめる。


イメージ

 バンダイナムコエンターテインメントが、VR技術を応用したエンターテイメント施設「VR ZONE Project i Can」を東京のお台場に開設。ダイバーシティ東京プラザ3階にて、4月15日から約半年の期間限定でオープンする。

 オープン時には6種類のVRアクティビティが用意される予定。地上200メートルの細い板を渡る「高所恐怖SHOW」や、スポーツ走行や鉄道の運転が体感できる「リアルドライブ」「トレインマスター」、巨大な病棟の廃墟を探索する「脱出病棟Ω(オメガ)」など、VR空間でのさまざまな仮想体験が可能だ。公開されたティーザームービーでは、VRゴーグルを用いた体験のイメージが伝えられている。

動画が取得できませんでした

 混雑緩和のため、同施設への入場にはネットでの予約制が採られており、4月8日の正午から公式サイトで予約受付を開始。入場は無料で、各VRアクティビティの体験料金は、バンダイナムコグループの電子マネー「バナコイン」で支払うことになる。VRゴーグルを用いたVRアクティビティは、対象年齢13歳以上。その他の利用に関する制限事項は、予約受付開始と同時に公式サイトで案内するとのこと。


施設イメージ 施設の外観イメージ。エントランスでバナコインの購入やチャージが可能

VR ZONE Project i Can概要

  • 所在地:東京都江東区青海1-1-10 ダイバーシティ東京プラザ 3階
  • 営業期間:2016年4月15日〜10月中旬(予定)
  • 営業時間:10時〜21時(ネット予約制)※不定休
  • 入場料金:無料
  • 体験料金:1人1回651〜930バナコイン(700〜1000円)


(沓澤真二)



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」