ニュース
» 2016年03月29日 15時50分 公開

抱きしめるだけで「大好き」が伝わる KDDIがクマのぬいぐるみ型コミュニケーションツールを開発

胸のディスプレイに相互の気持ちがスタンプで表示される。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 KDDIの運営する「au未来研究所」が、クマのぬいぐるみ型のIoTコミュニケーションツール「Comi Kuma(コミクマ)」を開発しました。なでたり抱いたり、ぬいぐるみに触れるだけでスタンプをやりとりできます。


コミクマ Comi Kuma

 「コミクマ」はBluetoothの通信モジュールに加え、タッチセンサーや、二酸化炭素を検知するキスセンサーなど、12個のセンサーを搭載。これらが、手を握ったりキスをしたりといった、ぬいぐるみに対する動作を判別します。そして動作に応じたスタンプを、スマホ経由で相手先の「コミクマ」へ送信。スタンプは、胸のリボンに配された小型ディスプレイに表示されます。


イメージ 「コミクマ」による通信のイメージ

センサー 8種類のセンサーを各部に搭載

アクションとスタンプ アクションとスタンプの対応。全11種類のスタンプが用意されている

 「コミクマ」は、コンセプトモデルとして開発されたもの。キーボードやボタンを必要としないため、スマホを使い慣れていないお年寄りや子どもでも、スタンプによる直感的なコミュニケーションをとれます。au未来研究所では開発にあたり、1月23日から29日まで、少子高齢化が進む秋田県南秋田郡五城目町でユーザートライアルを実施。その結果、「コミクマ」の利用が習慣化され、これをきっかけに電話などを使った直接的なコミュニケーションの機会が増加したそうです。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2105/13/news131.jpg 「なんて品の無い番組だろう」 光浦靖子、手作りした作品を笑い飛ばした番組演出にファンから怒りの声
  2. /nl/articles/1607/05/news111.jpg TBS、「行き過ぎた編集」で謝罪 バラエティー番組で出演者の姿を意図的に消すなどしていた問題
  3. /nl/articles/2105/13/news008.jpg 「子猫とは思えない」「前世はゴルゴかな?」 飼い主を起こしに来た子猫の表情が“必殺仕事人”の貫禄
  4. /nl/articles/2105/13/news014.jpg サーバーに魔よけのお札を!? 神頼みのIT企業描くギャグ漫画に「案外ウソでもない」と業界から証言
  5. /nl/articles/2105/12/news162.jpg 「USB 3.0機器はゆっくり差すと2.0、素早く差すと3.0として認識される」って本当? →メーカー「本当です」
  6. /nl/articles/2105/13/news011.jpg 夜にキッチンの窓から見た人影 振り返ってみると恐ろしかった出来事を描いた漫画がゾクッとする
  7. /nl/articles/2104/30/news103.jpg TBS「クレイジージャーニー」“ヤラセ発覚”から1年半ぶりに復活 「めっちゃ嬉しい!」「レギュラー復活を」と喜びの声あがる
  8. /nl/articles/2105/13/news105.jpg 【ぞっとする実話】泥酔したとき友だち面したおじさんに連れていかれそうになるも、介抱してくれた人が放った一言で見事に追い払った
  9. /nl/articles/2105/13/news015.jpg なぜ猫は何年たってもかわいいのか?→“猫に記憶を消されている説” 飽きない理由を描いた漫画に「すげえ納得した」の声
  10. /nl/articles/2105/12/news019.jpg トイレから戻ったら「猫がオンライン会議してた」 真剣な表情で参加するエリート猫ちゃんがかわいい

先週の総合アクセスTOP10