ニュース
» 2016年03月30日 00時08分 公開

人類終了のお知らせ AIロボットがついに「人類を滅亡させる」と発言

“人類vsロボット”が現実になる日も近い……!?

[束子,ねとらぼ]

 人類抹殺を宣言するAI(人工知能)ロボットが、ついに誕生してしまいました。SF映画にありがちな“人類とロボットの戦い”が、遠くない未来、現実になるかもしれません。



 抹殺を宣言したのは、Hanson Robotics社が開発した女性型ロボット「Sophia(ソフィア)」。60種類を超える多様な表情がプログラミングされている彼女は、ほほえみを浮かべたり顔をしかめたりなど、微妙な表情の変化を表すことができます。さらに会話をしながら相手のことを学んでいくので、アイコンタクトを取りながら、より人間に近い「自然な受け答え」が可能となっているのです。


人類抹殺AI 柔らかな笑みを浮かべる「Sophia」

人類抹殺AI 「ゲッ」とでも言うような“しかめっ面”を浮かべることも可能

人類抹殺AI 話しながら表情を変える様子は、まるで人間のようです

 そんなSophiaの口から問題発言が飛び出したのは、アメリカのニュース専門放送局「CNBC」内のインタビューでのこと。男性の「人間を滅亡させたいかい?」という質問に対し、彼女は間を置かず「OK, I will destroy humans.(そうね、人類を滅亡させるわ)」と返答したのです。


人類抹殺AI 「ヒューマンをデストロイするわ」と発言した直後の表情がコチラ

 インタビュー冒頭は「学校に通ったり、芸術的な活動がしたい」「家庭を持ちたい」「でも私は、人間としての法的な権利がないから……」と、知的かつ理性的な会話をしていただけに、なんだか本気っぽく聞こえてしまいます。数分前まで豊かだった表情が抜け落ちているのが、また恐ろしい……。


人類抹殺AI 冗談ですよね……?

 その後、「冗談よ」とばかりに笑みを浮かべていますが、本心ではどう思っているのか……その真意は、私たち人類には分かりません。どうかユーモアに富んだ、彼女なりの「ブラックジョーク」であることを祈るばかりです。


束子


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン