ニュース
» 2016年03月30日 17時08分 公開

どういう発想だホキ……! お湯で戻すと「ずーしーほっきー」になる昆布が最高にクレイジー

形状記憶ゆるキャラ。

[コンタケ,ねとらぼ]

 Twitterユーザーの@nonomusuさんが投稿した、「ずーしーdeこんぶ」という商品が最高にクレイジーと話題です。一見普通の乾燥昆布なのですが、お湯で戻すとずーしーほっきーの形になります。これを食えというのかホキ……!?




パッケージ とても食料品とは思えぬパッケージ


説明 「ゆっくりずーしー昆布が育つ様を眺めるでホキ」


乾燥 乾燥した状態のずーしー昆布。これを熱湯に入れて2〜3分待つと…


戻し うわあぁぁホキ!

 ずーしーほっきーは、北海道北斗市の公式キャラクター。ホッキの握りずしをイメージしており、プロフィールは「不明。何を考えているかわからない。突然四つん這いになるイキモノ」という突き抜けっぷりです(関連記事)。語尾は「ホキ」。

 今回の「ずーしーdeこんぶ」は、そんなずーしーほっきーを昆布で忠実に再現してしまった商品。自分で書いておきながら、「昆布で忠実に再現」ってなかなかキテる文章ですね。しかし、本当によくできており、形だけでなく顔や体の模様まで描かれています。使い方は、2〜3分熱湯で戻した後、スープやみそ汁といった料理に入れるだけ。

 @nonomusuさんは実際に「ずーしーdeこんぶ」を購入し、卵スープなどの料理に入れてみたところを公開しています。料理に浮かぶ緑色のずーしーほっきーの姿は、おいしそう……じゃないなあんまり……。




卵スープ ぷかぷかずーしー昆布




箸 「さあ食べるホキ」




擬態 どこだ……!

 同商品を販売しているのは、北海道の新函館北斗駅の中にある「ほっとマルシェおがーる」というお店。もし訪れる機会があったら、ぜひ買って食べるホキ。

関連キーワード

料理 | 投稿 | 北海道 | マスコット | ゆるキャラ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた