ニュース
» 2016年03月30日 17時08分 公開

どういう発想だホキ……! お湯で戻すと「ずーしーほっきー」になる昆布が最高にクレイジー

形状記憶ゆるキャラ。

[コンタケ,ねとらぼ]

 Twitterユーザーの@nonomusuさんが投稿した、「ずーしーdeこんぶ」という商品が最高にクレイジーと話題です。一見普通の乾燥昆布なのですが、お湯で戻すとずーしーほっきーの形になります。これを食えというのかホキ……!?




パッケージ とても食料品とは思えぬパッケージ


説明 「ゆっくりずーしー昆布が育つ様を眺めるでホキ」


乾燥 乾燥した状態のずーしー昆布。これを熱湯に入れて2〜3分待つと…


戻し うわあぁぁホキ!

 ずーしーほっきーは、北海道北斗市の公式キャラクター。ホッキの握りずしをイメージしており、プロフィールは「不明。何を考えているかわからない。突然四つん這いになるイキモノ」という突き抜けっぷりです(関連記事)。語尾は「ホキ」。

 今回の「ずーしーdeこんぶ」は、そんなずーしーほっきーを昆布で忠実に再現してしまった商品。自分で書いておきながら、「昆布で忠実に再現」ってなかなかキテる文章ですね。しかし、本当によくできており、形だけでなく顔や体の模様まで描かれています。使い方は、2〜3分熱湯で戻した後、スープやみそ汁といった料理に入れるだけ。

 @nonomusuさんは実際に「ずーしーdeこんぶ」を購入し、卵スープなどの料理に入れてみたところを公開しています。料理に浮かぶ緑色のずーしーほっきーの姿は、おいしそう……じゃないなあんまり……。




卵スープ ぷかぷかずーしー昆布




箸 「さあ食べるホキ」




擬態 どこだ……!

 同商品を販売しているのは、北海道の新函館北斗駅の中にある「ほっとマルシェおがーる」というお店。もし訪れる機会があったら、ぜひ買って食べるホキ。

関連キーワード

料理 | 投稿 | 北海道 | マスコット | ゆるキャラ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」