「ルノワール展」が喫茶室ルノアールやキルフェボンとコラボ 代表作「横たわる裸婦」も魚のムースに変身

ルノワールの名画が、これぞ印象派といわんばかりに料理に変身。

» 2016年04月04日 14時40分 公開
[黒木 貴啓ねとらぼ]

 4月27日から国立新美術館(東京・六本木)で、19世紀印象派の代表画家であるピエール・オーギュスト・ルノワールの展覧会「オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展」が開催されます。記念して「喫茶室ルノアール」「キルフェボン」など複数の飲食店とのコラボキャンペーンが決定しました。

ルノワール展ルノワール展 絵画「横たわる裸婦(ガブリエル)」をイメージした「白身魚とサーモンのムースリーヌ ブーダン仕立て」。これぞ印象派……! 《横たわる裸婦(ガブリエル)》1906年頃 油彩/カンヴァス オランジュリー美術館、ジャン・ヴァルテル&ポール・ギヨーム・コレクション (C)RMN-Grand Palais(musée de l'Orangerie)/Hervé Lewandowski/distributed by AMF

 六本木のフレンチレストラン「オーベルジュ・ド・リル トーキョー」では、ルノワールの絵画をモチーフにした特別メニューを5月10日〜27日に提供。ルノワールが生涯熱心に取り組んだ裸婦像の1つ「横たわる裸婦(ガブリエル)」を魚のムースで再現した「白身魚とサーモンのムースリーヌ ブーダン仕立て」など、まさに印象派といわんばかりに名画のイメージを料理に落とし込んでいます。展覧会のチケット付きの特別ランチコースは1人6030円(以下すべて税込、手数料別)。

ルノワール展ルノワール展 「田舎のダンス」で踊る男女を、オリーブの色合いやイカのベニエでイメージした「オリーブを纏った的鯛と烏賊のサラダ サフラン風味」。女性のグローブもサフランソースで再現 ▼▼《田舎のダンス》1883年 油彩/カンヴァス オルセー美術館 (C)RMN-Grand Palais(musée d’Orsay)/Hervé Lewandowski/distributed by AMF

ルノワール展ルノワール展 お皿全体をキャンバスに見立て、「ピアノを弾く少女たち」などルノワールの柔らかな色彩を料理で表現した「イトヨリのポワレ 蓮根のクネルとフヌイユのエチュベ タイムの香り」 《ピアノを弾く少女たち》1892年 油彩/カンヴァス オルセー美術館 (C)RMN-Grand Palais(musée d’Orsay)/Hervé Lewandowski/distributed by AMF

ルノワール展ルノワール展 印象派の最高傑作「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」で踊る女性の様子をイメージしたデザート「ブルーベリーとホワイトチョコレートのドーム仕立てグリオットのソルベ添え」 《ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会》1876年 油彩/カンヴァス オルセー美術館 (C)Musée d’Orsay, Dist. RMN-Grand Palais/Patrice Schmidt/distributed by AMF

 国立新美術館3階にあるレストラン「ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ」では展覧会期間中(休館日を除く)、ルノワールが生前愛していた料理にちなんだメニューを用意。ルノワールの妻アリーヌの得意料理であったブイヤベースや、ルノワールが好んで食べたという仔牛肉のシチューなどをコースで堪能できます。ランチコース(前菜・魚料理・デザート・コーヒー・パン&リエット付き)が5184円、これに肉料理が加わったディナーコースが7344円。

ルノワール展 「ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ」のルノワール愛好料理にちなんだ4品

 またカフェチェーン「喫茶室ルノアール」は店名がルノワールに由来しているということでめでたくタイアップ。銀座2丁目店、銀座松屋通り店、六本木ラピロス店、日本橋郄島屋前店、上野しのばず口店では、「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」を描いたコースターを用意。来店した当日にルノワール展へ持参すると観覧料金が100円引きになります。また同店の半券を提示すると一部ドリンクが50円引きになるサービスも全店で展開します。

ルノワール展 ルノワールにゆかりある有名喫茶店がコラボ!

 そして旬のフルーツをふんだんに使うことで知られるタルト店「キル フェ ボン」も、4月27日〜5月30日にルノワール展とタイアップしたケーキを発売します。実施店舗はグランメゾン銀座、青山、東京スカイツリータウン・ソラマチ店、横浜の4店。さらにグランメゾン銀座店では4月21日〜5月30日にルノワールの世界観を楽しめるパネル展も開催。ルノワール展公式サイトで詳細が4月上旬に公開されますが、あの豪勢なタルトとルノワールの作品がどのようにコラボするのか期待が高まります。

ルノワール展ルノワール展 あのフルーツたっぷりタルトにルノワールの華やかな世界がどう反映されるのか……!

 ルノワール展は4月27日から8月22日まで開催、休館日は毎週火曜日(5月3日、8月16日は開館)。開館時間は10時から18時まで(金曜、8月6日、13日、20日は20時まで、入場は閉館の30分前まで)です。観覧料は一般が前売1400円、当日1600円。

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/18/news004.jpg 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. /nl/articles/2405/18/news066.jpg 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  3. /nl/articles/2405/18/news055.jpg ガチ“別人級”……凄腕メイク術駆使したビフォアフが「日本の頂点」と話題、“フォロワー数580万人”の美容系インフルエンサー
  4. /nl/articles/2405/18/news003.jpg 0歳娘がはじめて歩けた瞬間、パパの顔を見て…… 号泣必至の“表情としぐさ”に「やったねえ!すごいねえ!」「かわいくて涙が」
  5. /nl/articles/2405/15/news106.jpg 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  6. /nl/articles/1611/04/news117.jpg 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  7. /nl/articles/2405/18/news023.jpg 死んだはずのスズメバチ、お尻をよく見てみると…… 「亡者の執念発動してますね」「だから怖いんだよな」油断できない生命力におののく声
  8. /nl/articles/2405/18/news068.jpg 『HUNTER×HUNTER』の冨樫義博がXで怒り 立て続く“誤配”で「三度目です」「次はもう知らん」
  9. /nl/articles/2405/17/news026.jpg トリミングでシーズーを「ハムスターにしてください」とお願いしたら…… インパクト大の完成形に「可愛いーーー」「なんて愛おしい鼻毛カール」
  10. /nl/articles/2405/17/news022.jpg 妻が作ったキャラ弁にフランス人夫と3歳娘が大爆笑! 「怖い」と言われた完成形に「蓋開けた瞬間w」「一緒に笑っちゃいました」
先週の総合アクセスTOP10
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評