ニュース
» 2016年04月02日 08時00分 公開

60メートルの“巨人”警察官になって街を守るVRゲーム「Giant Cop」 悪い犯人はつまんで警察署へポイー

犯人をつまみあげて警察署にポイッするだけの、簡単なお仕事です。

[束子,ねとらぼ]

 カナダの独立系開発会社「Other Ocean Interactive」が、VRゲームの特性を生かしたユニークな作品「Giant Cop」を製作しています。



巨人警察官VR

 遊び方は、VRヘッドセットを装着したプレイヤーが約60メートル級の“巨人”警察官となって、「マイクロシティ」を見下ろしながらパトロール。怪しい奴を発見したら、手に持ったVRコントローラでつまみ上げて、問答無用で警察署にポイっと投げ入れるだけの、とても単純なものです。


巨人警察官VR 眼下に広がる「マイクロシティ」

巨人警察官VR 怪しい奴を見つけたらつまんで……

巨人警察官VR ポイッ! 弁解も、黙秘権の権利もありません

 街中で動くものは車でも無実の市民でも、プレイヤーが「怪しい!」と思ったものは、なんでも署に投げ込むことができます。たとえ狙った獲物が物陰に隠れていたとしても、ベンチや植木を退かして捕まえられるのです。そして、放り投げた車が橋に当たった時には、大爆発! なにそれ、怖い。


巨人警察官VR まるでミニチュアのように自由に動かせます

巨人警察官VR 投げた車が爆発した瞬間。ちなみにヘリコプターも爆発します

 もちろん、大きな事件も発生します。YouTubeで公開されているデモンストレーション動画には、爆発現場から飛び去る、1台の怪しい車が……。この車は事件と関係があるのでしょうか。非常に気になります。


デモプレイ動画

巨人警察官VR 街のカラフルな車とは明らかに違う、黒と赤の装い。怪しすぎます

 良くも悪くも、市民の平和がプレイヤーの手にかかっている「Giant Cop」。詳細はまだ明かされていませんが、リリースは2016年を予定しているそうです。


束子


関連キーワード

ゲーム | カナダ | YouTube


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/19/news022.jpg ハムスター「あっ……」 食べているキャベツがどこかに飛んでしまった瞬間の“ぼうぜんとした顔”がいとおしい
  2. /nl/articles/2104/18/news019.jpg 武田真治、世界限定500台の愛車「ダッジチャレンジャー MOPAR10」を初公開 “ゴジラ怪獣”仕様のテールランプに「後ろ姿カッコいい」とご満悦
  3. /nl/articles/2104/18/news032.jpg 納豆に付いてるあの「からし(2g)」がリュックに! ユニークな手作りキッズリュックがニヤけるかわいさ
  4. /nl/articles/2104/19/news016.jpg 「下手ですいません」はNG 自分を安く見せる“自虐”がなぜダメか解説する漫画
  5. /nl/articles/2104/18/news003.jpg ごみ袋から保護された瀕死の子猫たち 新しいおうちで幸せになるまでを描いた漫画が切なくもあたたかい
  6. /nl/articles/2104/17/news044.jpg 夜泣きに悩む母が、赤ちゃんと街をさまよっていると…… 謎の「よなきごや」に救われる漫画があたたかい
  7. /nl/articles/2104/18/news007.jpg 「生後8カ月でこの大きさ!?」「おっきい猫ちゃん最高ですね」 デカモフに成長した子猫のビフォーアフターに称賛集まる
  8. /nl/articles/2104/19/news018.jpg “ぬるま湯”で保守的な職場に嫌気が差して…… 退職を伝えて初めて聞いた“ムカつく上司”の本音、実体験を描いた漫画が話題に
  9. /nl/articles/2104/18/news023.jpg サンシャイン池崎、「エヴァQ」3分解説が空前絶後の分かりやすさ “碇シンジ=小島よしお”の謎設定が天才的
  10. /nl/articles/2104/19/news070.jpg 狂気の動画「海原雄山登場シーンまとめ」(2時間)を『美味しんぼ』公式YouTubeが公開 なんちゅうもんを見せてくれたんや…