ニュース
» 2016年04月03日 22時00分 公開

わがままボディ過ぎる! 男気全開のセクシー「おじさん」グラビアが話題に

ボディだけでなく、心もアツい「おじさん」たちのカレンダーも先行予約開始

[Jun,ねとらぼ]

 男気ムンムンのおじさんモデルによる、セクシーグラビア風写真がFacebookなどで大きな話題を呼んでいます。この写真を撮影したのは、カナダの写真家であり、メイクアップアーティストでもあるMasika May PhotographyのMasika Allan氏です。


Boudoirバブルバス ヘアリーなボディにからみつく泡がセクシーなおじさん(画像はMasika May Photographyより)

Boudoirベッドタイム1 黒い下着が煽情的なおじさん(画像はMasika May Photographyより)

Boudoirベッドタイム2 アンニュイなポーズといたずらな瞳にギャップを感じさせるおじさん(画像はMasika May Photographyより)

 モデルを務めるのはBrendon Williams氏。写真を奥さんの誕生日プレゼントとして贈るために、Masika Allan氏に撮影を依頼したのが事の始まりでした。

 セクシーなポートレイト写真を恋人にプレゼントしたり、思い出の1つとして大事に保管しておく目的で撮影するスタイルは「Boudoir(ブドワール)」と呼ばれます。しかしながら被写体は主に女性でした。それに対してMasika Allan氏が被写体としたのはおじさん。男を表すスラングである「Dude」と「Boudoir」をミックスした造語である「Dudeoir(デュドワール)」と呼ばれ、新しいスタイルとして急速に確立しつつあります。


YouTubeではFacebookで過激すぎて公開できなかった、ギリギリ限界ショットも鑑賞できる

 初のデュドワール写真が発表されたあと、多数のニュースに取り上げられるなど大きな反響を呼び、新たなモデルを加えた2017年のカレンダーの制作も決定しました。販売元であるDudeoir, Inc.では先行予約も開始しています。

 カレンダーは全3種、火付け役となったBrendon Williams氏をフィーチャーした「Original Dudeoir」、禁酒法時代のカウボーイをテーマとした「Cowboy Dudeoir」、フライフィッシグや木こりなどさまざまなシュチュエーションをテーマとした「Men of Dudeoir」が用意されています。


Cowboy 窮屈なインナーに持ち上げられたビール腹もデュドワールの鉄則(画像はMasika May Photographyより)

 カレンダーだけに、めくるめく官能的なおじさん美を季節を通して味わえる、そんな逸品ぞろいになることでしょう。

 カレンダーに秘められたものは、それだけではありません。売り上げの一部は、まだ未知の部分が大きい症例である「多発性硬化症」を研究する「Multiple Sclerosis Society of Canada」に寄付されます。これはMasika Allan氏の夫が5年前、多発性硬化症と診断されたことにさかのぼります。寄付がこの難病を解明を進め、同じ症例で苦しむ人々、ひいては今後多発性硬化症と診断される人々への支援にもなるといいます。

 人助けにも協力を惜しまないおじさんたちは、ボディだけでなく、心もアツいのです!


(Jun)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/29/news029.jpg 漫画版「幼女戦記」作者が職業を隠し漫画教室に通う話が喜劇 先生「あなたはKADOKAWAに向いてそう」
  2. /nl/articles/2011/28/news042.jpg 「ぺりかんになりたい」「キングコブラを飼育してほしい」 無茶ぶり質問にガチ回答する「イングランドの丘」の飼育員さんが話題に
  3. /nl/articles/2011/29/news007.jpg 鍵を閉めずに出かけて帰ってきたらナイフを持った友人が…… 施錠の大事さが分かる漫画に鳥肌が立つ
  4. /nl/articles/2011/28/news034.jpg もし「鬼滅映画キャラが実は全員俳優だったら」を描いた撮影現場漫画にほっこり 「好きな世界観」「優しい世界」と話題に
  5. /nl/articles/2011/29/news005.jpg 「リアル岩合さん」「すごいニャンコがあらわれた!」 ファインダーをのぞく子猫カメラマンに才能があふれている
  6. /nl/articles/2011/28/news003.jpg 「そこにいないはずの弟の呼び声」「体をまたがれる感覚」……怪奇現象に見舞われた漫画家の体験談漫画にぞっとする
  7. /nl/articles/2011/29/news009.jpg 視力を与える代わり、10年後に命をもらう―― 悪魔と契約した盲目の少女、暖かくも切ない結末に涙
  8. /nl/articles/2011/29/news038.jpg 『クッキングパパ』塩盛りサラミを酒で流し込む“内臓破壊飲み”回話題に → 公式が即座に無料公開
  9. /nl/articles/1907/22/news088.jpg 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  10. /nl/articles/2011/29/news002.jpg ゾンビになったおじいちゃん(享年22歳)が孫のためにがんばる 笑えてホロリとくるコメディ漫画がステキ