ニュース
» 2016年04月06日 17時32分 公開

「鶏の鳴き声」で検索すると「コケコッコー!」 Googleに鳴き声検索機能

19種類の動物の鳴き声が聴けます。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 Googleに新機能が搭載されました。何も考えずに「鶏の鳴き声」で検索してみてください。鶏のイラストと「コケコッコー」の鳴き声が表示されます。イラストまわりをクリックすれば音声も再生可能と、Googleが簡易な教育ツールに。


コケコッコー 検索結果に表示される「コケコッコー」。他の動物の鳴き声も、下にランダムで表示される

 この機能には鶏に限らず、犬や猫など全19種類の鳴き声が収録。「○○(動物名)の名前」で検索すれば、動物を指定して聴けます。「ヘラジカってこんな声なの?」「馬とシマウマの声って根本的に違うのね」「なんで鯨が2種類も」など、Googleによる不思議なチョイスも楽しめます。


「動物の鳴き声」 「動物の鳴き声」で検索した場合は、19種からランダムで表示

 Googleアカウントでログインしている場合は、言語設定を変更することで、他言語での閲覧が可能。再生される音声は同じですが、各言語での鳴き声表記を確認できます。例えば鶏の場合、英語では「Cock-a-doodle-doo」、スペイン語では「Quiquiriqui」。言語設定の変更後も、入力する検索キーワードは日本語でOKです。


設定ボタン 言語設定を変えるには、ログイン後に歯車型のアイコンをクリックし、「言語(Languages)」を選択

言語選択 目当ての言語を選択し、「保存」をクリックすれば適用される

英語 英語だと有名な「クックドゥドゥルドゥ」

スペイン語 スペイン語だと「クィクィリクィ」と、ちょっとかわいい

ドイツ語 ドイツ語だと「キケリキ」。相変わらず切れ味鋭い感じ

アラビア語 アラビア語の場合、表記が左右逆に。というか読めん!

 「do a barrel roll」で検索するとページが回転するなど(関連記事)、Google検索にはときどき遊びの機能が追加されることがあります。Google Austriaのページによると、この鳴き声検索機能は3月から実装されていたようです。


Googleオーストラリア Google AustriaのGoogle+ページ

鳴き声が収録された動物一覧

  • アヒル
  • アライグマ
  • ザトウクジラ
  • 猿(類人猿)
  • 七面鳥
  • シマウマ
  • 鶏(オンドリ)
  • フクロウ
  • ヘラジカ
  • ホッキョククジラ
  • ライオン

(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン