ニュース
» 2016年04月08日 08時00分 公開

「ガンダム」や「ゴルゴ13」で土木を感じよう! 京都国際マンガミュージアムで開催中の「どぼく+マンガ展」に行ってきた

宇宙戦艦ヤマトの建造に必要な費用も分かる。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 普段、あまり注目することがない道路標識や街中での工事作業、そして土木建造物が実際にはどれだけ工夫が凝らされているのか、マンガやアニメを通じて知ることができる展示会「どぼく+マンガ展」が京都国際マンガミュージアムで開催されています。

どぼくとマンガ展 京都国際マンガミュージアムの入口

 会場に入ると高速道路でよく見る案内標識が出迎えてくれます。実際に使われていた標識で、車内から見るとそれほど意識しないのですが、自分の身長に近かったのでタテに160センチくらいと実に大きいことが分かります。また、使われている文字のフォントも高速で動く車から見やすいように、簡略化されています。

どぼくとマンガ展 近くで見るとデカい!

 入って左側には「ドボジョ!」や「最強伝説 黒沢」など土木をテーマにしたさまざまなマンガがズラリと並べられています。これらはすべて京都国際マンガミュージアムが所蔵しているもので会場でも読むことができます。

どぼくとマンガ展 個人的には、もりやまつる先生の「親父」を置いているのがうれしかったです

 その横には、「マジンガーZの格納庫」「機動戦士ガンダムのジャブロー基地」など、マンガやアニメに登場する建築物を現在の土木技術で設計企画したコーナーが。総合建設業社「前田建設」に所属する本物の建設業者の方々が、“もしも実際にアニメやマンガの建造物を施工したら”を企画する「前田建設ファンタジー営業部」によるもので、さすがゼネコンの本気とうなる工期や予算が算出されているのが確認できます。

どぼくとマンガ展 当時「マジンガーZ」が掲載されていた「週刊少年ジャンプ」も展示中しています

どぼくとマンガ展 会場内には、劇団「ヨーロッパ 企画」による舞台演劇「前田ファンタジー営業部」もビデオ上映中

 会場の真ん中には、京都で大正から現在にいたるまで使用されているマンホールの実物展示がされています。マンガなどでは簡単に開くマンホールですが、現行のマンホールはカギがかかるようになっており、簡単に開くわけではないことが説明されています。

どぼくとマンガ展 現在主流となっているマンホール。まさか自動で鍵がかかるようになっているとは……

どぼくとマンガ展 大正時代に作られたものがこちら。大体100年ほど前の物になります。驚くべきことに、左のマンホールは現在でも一部使用されているそうです

 この他にも「ゴルゴ13」の背景に描かれた建築物を解説したコーナーや、普段何気なく過ごしている日常がいかに土木技術に支えられているのか楽しみつつ感じられる企画展となっています。

 また、展示と連動し4月10日に「工場萌え」や「ジャンクション」などの写真集の著者の大山顕氏を迎えたトークイベント「どぼくカフェ」も開催される。

 入場料は、大人が800円。5月10日まで開催されています。京都国際マンガミュージアム内では、京都在住のプロモデラーたちの展示会「京都模型の匠展 第二章」などの企画展も同時開催されています。

どぼくとマンガ展 天井には工事現場で使われるさまざまなヘルメットが吊り下げられているなど、インテリアにもこだわりが

どぼくとマンガ展 出口にこんな看板が。出るときにはお金を払う必要はないので、ご安心を

どぼくとマンガ展 「京都模型の匠展 第二章」は5月29日まで開催中

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/21/news155.jpg 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  2. /nl/articles/2110/21/news173.jpg だって安室ちゃんがついてる! 中川翔子「この写真を見れば生きていける」1枚が100人力どころじゃない頼もしさ
  3. /nl/articles/2110/22/news092.jpg ROLAND、“両サイドの巻き髪”が強い新ヘアに賛否 称賛の一方で「あぁ金髪ローランドが恋しい」との声も
  4. /nl/articles/2110/22/news077.jpg つるの剛士、10年前の家族ショットに時の流れ実感 “このころ影も形もない次男”にしみじみ「今年は七五三」
  5. /nl/articles/2110/20/news095.jpg 「これはガチ長所」 採血で発覚した思わぬ長所を描いた漫画が「うらやましい」と話題に
  6. /nl/articles/2110/21/news013.jpg カリスマ美容師が子猫をスタイリングした結果…… 笑撃の仕上がりが電車の中で見てはいけないやつ
  7. /nl/articles/2110/22/news028.jpg 「あなた一日中家にいるの? はー…シンドイ」→妻が不機嫌になった意外な理由 “ちょっと怖い妻”の漫画がおそろしくかわいい
  8. /nl/articles/2110/21/news050.jpg 「攻殻機動隊」タチコマの“コスプレ”がすごい完成度 人が乗れて走ってアームも動く!
  9. /nl/articles/2110/21/news010.jpg “新人猫の受け入れに精魂尽き果てた管理職の猫です” あおむけで脱力寝する姿に「おつかれさま」「昇給してあげて」と励ましが集まる
  10. /nl/articles/2110/22/news094.jpg ガンダム作中の食事を再現したメニューがガンダムカフェに登場 「連邦軍の配給食」「アーガマ艦内食」など

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる