ニュース
» 2016年04月08日 21時50分 公開

英語教科書の「エレン先生」人気は出版元も想定外 なぜあのイラストが採用されたのか、そして初の試みとは

英語教科書「NEW HORIZON」の制作現場に聞いてみた。

[ねとらぼ]

 東京書籍の中学生向け英語教科書「NEW HORIZON」に登場するエレン先生がかわいい。2016年(平成28年)度版から刷新された教科書は、リニューアルに伴い登場キャラクターも入れ替わっており、よりアニメやマンガに寄せた、中学生にとってはなじみのあるイラストになっている。過去の英語教科書の挿絵とは一線を画しており、ネットでも話題だ。

エレン先生かわいい こちらがかわいいエレン先生(「『NEW HORIZON』English Course3」より)

 ねとらぼの取材に対し同社担当者はイラストから「英語が苦手な生徒にも英語に興味をもってもらいたい」という思いはあるが、だからといってあまり「悪目立ちしないようにしたい」という葛藤もあったという。

 新しくなった「NEW HORIZON」は、「未来につなぐ、世界につなぐ」をコンセプトに、習得や活用の発信だけでなく、人と文化と国をつなぐグルーバル化に対応することを目指して編集された。教科書は4年に一度刷新されることになっており、次のタイミングは2020年の東京オリンピック・パラリンピック目前の年ということを意識。異文化や国際社会について触れ、自分の知識や視野を広げ、日本の伝統文化を見つめ直すという構成になっている。テーマとして浮世絵や落語、アニメ文化を扱っているのも特徴だ。

「グローバル化の時代に英語教育の大切さがうたわれています。そのため、義務教育においては、全員の英語力を高めるためにさまざまな施策が行われています。全員といっても、生徒によって興味のあるなしということは出てきますので、できるだけ多くの生徒に学習しようという意欲を持ってほしいと思い、生徒に関心の高いタッチのイラストに変えることにしました」(担当者)

NEW HORIZON

エレン先生かわいい 4月6日のTwitterトレンド

 登場キャラクターは柔道部所属の安藤咲とサッカー部所属の伊藤光太を中心に、インド出身のディーパ・ミートラ、カナダ出身のアレックス・グリーンが登場。そしてかわいいと話題のALT(外国語指導助手)のエレン・ベーカー先生や咲の兄、光太の姉、ブラジルからの転校生のリカルドや同じくブラジルのサッカー部コーチ・パウロなどが脇を固めている。エレン先生はあまりの人気にTwitterのトレンドにもランクイン、すぐに「ピクシブ百科事典」や「ニコニコ大百科」にページが作成され、たちまち二次創作もネットにあふれた。

 1年生から3年生までの間に、キャラクターが出会い、成長していく様がストーリー仕立てで展開。同じ国やテーマを別の側面から扱うなどの工夫もしているのだが、「NEW HORIZON」でははじめて過去に登場したキャラクターが成長した姿で描かれている。


エレン先生かわいい (画像は公式サイトより)

 例えば光太の姉の伊藤絵美は2つ前の「NEW HORIZON」に登場しており、成長してロンドンで働いているという設定。「こういったつながりを持たせることで、生徒たちにキャラクターを通して英語や異文化に興味を持ってもらいたい」という願いからだ。「親や兄弟、教師が今の英語はどうなっているのかと教科書を開いた時、ストーリーがつながっていると知ったら当時の授業や生徒のことを思い出してもらえるのではないか」という狙いもある。「長く使ってくださっている先生方は、こういう点に気づいてエピソードを語っていただけるかもしれないとひそかに思っています」と担当者。

エレン先生かわいい

このときからの布石 「ミライ系NEW HORIZON」書影

 新しい教科書のイラストを手がけたのは2011年に発売された「ミライ系NEW HORIZONでもう一度英語をやってみる:大人向け次世代型教科書」の挿絵も描いた電柱棒氏。過去の「NEW HORIZON」に登場したキャラクターが成長したらという架空のストーリーが展開されている。バンダイナムコエンターテインメント(当時はバンダイナムコゲームス)のアプリ「NEW HORIZON AR」と連動しており、ARキャラクターによるヒアリングも学べた。この時のイラストの評判がよく、「今の中学生にも人気のあるタッチということで今回の教科書でお願いすることに」なった。

「非常に丁寧に、また洋服に陰影をつけたり髪のつやを表現したり、細やかな表現をしてくださっていて、そのおかげで紙面が豊かになり、英文の内容をより深く味わうことができると感謝しています」 (担当者)

 過去の登場人物が新しい教科書に関係しているという隠れた設定も、この次世代型教科書が少なからず影響している。ちなみに、昨年度まで使用されていた教科書に登場しているブラウン先生は任期を終えてボストンに帰国しており、エレン先生はその後任という設定。それが縁で2年生の時に咲がホームステイでブラウン先生の下へ訪れている。また、アレックス・グリーンは10年ほど前の教科書で英語教師だったグリーン先生の親戚という設定なんだとか。

エレン先生かわいい グルーバルな世界観

 アニメやマンガに寄せたことに担当者は「教育界全体の流れで日本文化としてアニメを推しているという背景もあるが、挿絵がきっかけで英語に興味を持ってもらえるのではないか」という期待を込めたと明かす。実際に授業で使用していくのはこれからなので「どういう使われ方をするのか、どう受け止められるのかは心配している」とのことだが今のところは好評とのこと。

 ただ、「(イラストの)力が強いので、あまり目立って見えてはいけない」とことさらイラストを強調したり前より増やしたりしないよう細心の注意を払っているという。あくまで学校教材なので、イラスト単体が騒がれることは本意ではない。

 「まだ学校では使われ始めたばかりですので、(エレン先生をはじめ、新しいキャラクターたちが)どのように受け止められているかが気になっている」と担当者。「前例のないことでもあり、学校現場での指導に支障がないようにと細かい点でできる限りの注意を払いました」と慎重だ。狙いどおりキャラクターに親近感を覚え、英語に興味を持ってもらえるのか。中学生にも人気のあるタッチのイラストに効果があれば、次の改訂の時も同様の路線になるかもしれない。

教科書 話題のイラスト以外にも従来のイメージに近いものも随所に盛り込まれている

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/11/news041.jpg この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  2. /nl/articles/2208/16/news127.jpg がん闘病の秋野暢子、激しい副作用とポジティブに格闘 治療で真っ赤な首筋に心配の声も「痛々しい」「見ていて辛い」
  3. /nl/articles/2208/15/news132.jpg 笑福亭鶴瓶、背中いっぱいの「昇り鯉刺青」にファン仰天 “悪瓶さん”の貫禄あふれる後ろ姿が「迫力ハンパない」
  4. /nl/articles/2208/15/news042.jpg 娘が路上で子猫を発見→近づくと、突然倒れてしまい…… 保護子猫とのかわいすぎる出会いに「感動した」の声
  5. /nl/articles/2208/10/news178.jpg 「この世で一番憎んでる」 画面左上に“謎の入力フォーム”が現れる現象に「ホンマにいらん」「何のためにあるのか分からない」の声
  6. /nl/articles/2208/15/news159.jpg ゲオのPS5抽選販売、「購入時にPS4売却」が条件で物議 「なぜPS4を手放さないといけないの?」ゲオに意図を聞いた
  7. /nl/articles/2208/15/news091.jpg 坂口杏里さん、「離婚は成立」と投稿 金銭貸し借り巡るDMさらし「これで終わり」「家族対1ってあまりに酷すぎる」とぶちまけ
  8. /nl/articles/2002/02/news008.jpg 「ガムは75円。ガムはクッキーより40円安いそうです。チョコは何円?」 小2向けドリルの難問が誰にも解けない
  9. /nl/articles/2208/14/news053.jpg HIKAKINさん、イベント中に不審者に絡まれマイク奪われる 視聴者から「ガチの放送事故」「無事でよかった」の声
  10. /nl/articles/2208/15/news037.jpg 全力イヤイヤ中の黒柴犬、突然背後を気にしだし…… “何か見えてる”様子に背筋がゾッとする

先週の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  2. 坂口杏里さん、「離婚は成立」と投稿 金銭貸し借り巡るDMさらし「これで終わり」「家族対1ってあまりに酷すぎる」とぶちまけ
  3. がん闘病の秋野暢子、手足の浮腫みで“見たこともない体重”に 抗がん剤の副作用を「しっかり受け止めます」
  4. HIKAKINさん、イベント中に不審者に絡まれマイク奪われる 視聴者から「ガチの放送事故」「無事でよかった」の声
  5. 愛犬に「僕の子猫がいないんです」と呼ばれた飼い主 必死に探すワンコの姿に優しさと愛情があふれている
  6. マックのハンバーガーを食べる娘に「今日のお昼ごはん何?」と聞かれ…… 青ざめる父の1コマに「うちも言う」と反響続々
  7. ダレノガレ明美、韓国でお気に入りのホクロを“ゴミ”だと除去されてしまう 「ドS Dr. ありがとう!」
  8. 笑福亭鶴瓶、背中いっぱいの「昇り鯉刺青」にファン仰天 “悪瓶さん”の貫禄あふれる後ろ姿が「迫力ハンパない」
  9. 娘が路上で子猫を発見→近づくと、突然倒れてしまい…… 保護子猫とのかわいすぎる出会いに「感動した」の声
  10. がん闘病の秋野暢子、激しい副作用とポジティブに格闘 治療で真っ赤な首筋に心配の声も「痛々しい」「見ていて辛い」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい