ニュース
» 2016年04月10日 04時30分 公開

描いた絵がピンボールになっちゃう「フリッペーパー」が楽しそう

トレンディすぎる80年代テイストなプロモーションビデオも見逃せない。

[Jun,ねとらぼ]

 描いた絵がそのままピンボールになるマシン「フリッペーパー」が、新しい切り口のアミューズメント機器として注目度が高まっています。制作したのはフランスとベルギーを拠点に活動するアーティストのJérémie Cortial 氏とRoman Miletitch氏です。


フリッペーパー筐体 おねえさん達とともに80年代風のレトロな香りが漂う「フリッペーパー」の筐体(Photo by Annabelle Folliet. Assistant : Jer Cortial)

YouTube上で公開されているフリッペーパーのプロモーション動画。ホットでイカしてるぜ!

 「フリッペーパー」の遊び方はいたって簡単です。まずは4色のカラーマーカーを使って絵を描きます。マーカーそれぞれの色は、ピンボールのバンパー、壁、スピードアップ、ポイントといった、各パーツに対応します。次に描いた絵をマシン上に置き、スキャンしたら、あとは普通のピンボールマシンのように遊ぶことができます。

 ピンボールという親しみやすいものであるため、ゲーム自体も誰でも気軽に楽しめますし、それに加えてゲームをデザインする楽しみ、そして絵を描く楽しみを味わうことができます。


みんなでわいわい みんなでワイワイ描くのも楽しそう!(Photo by Annabelle Folliet. Assistant : Jer Cortial)

 「フリッペーパー」を紹介するサイトには日本語での解説もあり、フランクな紹介文やプロモーションビデオに加え、80年代を思い起こさせるレトロ感満載のデザインとなっています。日本人のスタッフがいるかと思いきや、製作者のひとりであるJérémie Cortial氏がかなりの日本通のようで、自身のサイトでは日本語を使った作品を公開したり、お好み焼きの作り方などを解説しています。また自身のTwitter上では時おり日本語を交えて「フリッペーパー」の使用事例などをツイートしています。



 サイトに掲載されている展示スケジュールを見る限り、まだ日本でのお披露目の予定はないようですが、依頼があれば、世界のどこにでも貸出や販売も行うとのこと。いつか「フリッペーパー」を担いで、日本に遊びにきてほしいものです!


(Jun)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声