ニュース
» 2016年04月12日 09時30分 公開

火事で本をなくした少女のため児童書作家が「本を贈ろう」と呼びかけ → 300冊以上集まる結果に

集まった親切は女の子を笑顔にしました。

[宮原れい,ねとらぼ]

 児童文学作家であるボブ・シェイ氏がTwitterで「火事で本を失ってしまった少女に本を贈ろう」と呼びかけた結果、その少女のもとに300冊以上の本が集まるという出来事がありました。

 これは、ボブ・シェイ氏があるアメリカの小学校を訪問した際、前日に家が全焼してしまったハイジという8歳の女の子に出会ったのがきっかけ。ボブ・シェイ氏はさっそく翌日、「彼女のために本を贈ろう」とTwitterで呼びかけます。すると、その日のうちに少女に本を贈る人たちが次々登場。









 その後、少女が通う小学校にはたくさんの本をはじめとする贈り物が届きます。先生が撮った写真には、本や贈り物を受け取り、笑顔になった少女の姿が……!



 そして「親愛なるボブ・シェイ氏とその友人方へ」とツイートされたハイジちゃんからのメッセージ動画がこちら。



 彼女がビデオの中で持っている本はボブ・シェイ氏作の「Unicorn Thinks He’s Pretty Great」。その本を大事そうに持ち、笑顔で話すハイジちゃん。ネット上で人の親切心が集まり1人の少女が笑顔になる、そんな人の温かみを感じる物語でした。


画像 笑顔になったハイジちゃん

(宮原れい)


関連キーワード

小学校 | アメリカ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2105/13/news131.jpg 「なんて品の無い番組だろう」 光浦靖子、手作りした作品を笑い飛ばした番組演出にファンから怒りの声
  2. /nl/articles/1607/05/news111.jpg TBS、「行き過ぎた編集」で謝罪 バラエティー番組で出演者の姿を意図的に消すなどしていた問題
  3. /nl/articles/2105/13/news008.jpg 「子猫とは思えない」「前世はゴルゴかな?」 飼い主を起こしに来た子猫の表情が“必殺仕事人”の貫禄
  4. /nl/articles/2105/13/news014.jpg サーバーに魔よけのお札を!? 神頼みのIT企業描くギャグ漫画に「案外ウソでもない」と業界から証言
  5. /nl/articles/2105/12/news162.jpg 「USB 3.0機器はゆっくり差すと2.0、素早く差すと3.0として認識される」って本当? →メーカー「本当です」
  6. /nl/articles/2105/13/news011.jpg 夜にキッチンの窓から見た人影 振り返ってみると恐ろしかった出来事を描いた漫画がゾクッとする
  7. /nl/articles/2104/30/news103.jpg TBS「クレイジージャーニー」“ヤラセ発覚”から1年半ぶりに復活 「めっちゃ嬉しい!」「レギュラー復活を」と喜びの声あがる
  8. /nl/articles/2105/13/news105.jpg 【ぞっとする実話】泥酔したとき友だち面したおじさんに連れていかれそうになるも、介抱してくれた人が放った一言で見事に追い払った
  9. /nl/articles/2105/13/news015.jpg なぜ猫は何年たってもかわいいのか?→“猫に記憶を消されている説” 飽きない理由を描いた漫画に「すげえ納得した」の声
  10. /nl/articles/2105/12/news019.jpg トイレから戻ったら「猫がオンライン会議してた」 真剣な表情で参加するエリート猫ちゃんがかわいい

先週の総合アクセスTOP10