ニュース
» 2016年04月14日 15時10分 公開

「ネット上で思わぬ反響」 英語教科書の「エレン先生」人気に出版元がコメント発表

キャラの許諾についても言及。

[ねとらぼ]

 中学生向け英語教科書「NEW HORIZON」に登場するエレン先生がネットで人気になっている(関連記事)ことについて、出版元の東京書籍が「NEW HORIZONのキャラクターについて」とするコメントを発表しました。

エレン先生 人気のエレン先生(「『NEW HORIZON』English Course3」より)

 同社はNEW HORIZONのキャラが「ネット上で思わぬ反響を呼んでおります」とコメント。反響に驚いているのがうかがえます。こうしたキャラを設定した狙いは、できるだけ多くの中学生に英語学習への意欲を持ってもらえるようにとのこと。また学習場面で内容がより伝わるよう配慮しただけでなく、生徒指導上支障が起こらないよう、服装や髪形などについても事前に先生から指導を受けたとしています。

NEW HORIZONのキャラクターについて 東京書籍「NEW HORIZONのキャラクターについて」

 教材や図書、ネットなどでキャラを使いたい場合、許諾申請は教科書著作権協会まで、とも。キャラ設定の趣旨から著しく逸脱すると見なした場合など、許諾できないこともあると添えています。

 コメントの最後は「中学生の皆さんに静謐(せいひつ)な環境で楽しく意欲的に英語を学んでほしいという、私どもの願いにご理解を賜りますよう、衷心(ちゅうしん)よりお願い申しあげます」と締めくくられています。同社は先に編集部が行った取材に対し、学校教材なので、イラスト単体が騒がれることは本意ではないと語っていました(関連記事)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  2. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. ありま猛『連ちゃんパパ』がなぜか突然ネットで流行 「スナック菓子感覚で摂取できる地獄」など悪夢のような感想が集まる
  6. 特別定額給付金の郵送申請は「給付対象者」欄を要チェック うっかり給付金を「希望しない」に印をつけていませんか?
  7. 「家出少女を保護して数年」 有吉弘行、HKT48現役時代から投稿してきた指原莉乃との2ショットをまたも更新(2年ぶり4回目)
  8. 母「とりあえず離婚したよ」 ハッシュタグ「あなたに来たとんでもないLINE」に衝撃ツイート続々
  9. 存在しないはずの“むつ小川原コイン”の謎を追う 「陸上自衛隊で購入した」情報提供者が出現、八戸駐屯地を取材
  10. 「とがったツイートは問題視していません」 小湊鐵道公式Twitter担当者なぜ解任? 小湊鐵道に聞いた