ニュース
» 2016年04月15日 18時00分 公開

本編はシリアスなのにダンス動画投稿しまくるって何だよ! dTVが作品一切関係ない「ZQNダンス」をゴリ押してくる件【PR】

俺の知ってる「ZQN」と違う。

[ねとらぼ]

 近ごろ「ZQN(ゾキュン)」という謎のキーワードを使った音楽・ダンス動画が次々と投稿されて、ネット上をにぎわせています。どこかで聞いたことあるような気もする言葉ですが……ダンス!? 何これ俺の知ってるZQNと違う。

 YouTubeに公開されていた動画「ZQN Party」は、美女たちがクラブ感全開のダンスナンバーに乗ってセクシーダンスを披露する謎のMV。お笑いコンビ・メイプル超合金の2人も何やら顔色悪い感じで登場し、「ZQN BUSTERS」とかいう設定のセクシー美女軍団に銃で撃ちまくられるというやたらとノリノリな内容になっています。

ZQN 謎のセクシーダンスがスタート

ZQN メイプル超合金の2人も何やらおかしな姿に

ZQN 俺の知ってる「ZQN」と違う

 「ZQN」といえば花沢健吾さん原作の漫画で、4月に映画も公開される「アイアムアヒーロー」に登場する言葉。謎の感染によって人々が変貌を遂げた生命体を指す言葉で、MVにもZQNらしき人々が登場することを見るとどうやら関係がありそうな気がします。ただ、「アイアムアヒーロー」ってどう考えてもこんなノリノリな世界観じゃないですよね……?

ZQN 本来のアイアムアヒーロー(映画「アイアムアヒーロー」公式サイト

 ところがネット上では多くのユーザーがこの「ZQNソング」を使ったアゲアゲな動画を投稿しています。エイプリルフールにはお店で買い物していた女子高生たちが突然ZQNダンスを踊り始めてしまうフラッシュモブ動画が話題に。また、人気のYouTuberやTwitterユーザーたちもZQNソングを使ったパリピ感あふれる動画を投稿して拡散ならぬ感染者を増やしていっています。いったい何が始まるんです……?

女子高生たちが突然踊り出すフラッシュモブ

 どうやら発生源となっているのはZQN.danceというキャンペーンサイトのようで、「ZQN Party」の音源が無料配布されていました。調べてみると、これらは全てオリジナルドラマ「アイアムアヒーロー はじまりの日」を独占配信しているdTVが、同作のプロモーションとして仕掛けたものだそう。もちろんドラマはシリアスな内容なのですが、同作のキーワード「ZQN」に注目していろいろあった結果、なぜか作品の世界観とかけ離れたアゲアゲミュージックが生まれてしまったようです。なんでだよ! 本編とセクシーダンス全然関係ないだろ!

ZQN アゲアゲなノリの「ZQN.dance」(画像をクリックでサイトに移動)

こちらが「アイアムアヒーロー はじまりの日」。全然世界観が違う

 今回ねとらぼで記事にする際にも「とにかくZQNソングとダンスを紹介してほしい!」といって、作品のことには何も触れようとしないdTVさん。「プロモーション」の意味をちゃんと分かっているのか不安なのでねとらぼ側で勝手に補足すると、「アイアムアヒーロー はじまりの日」は原作や映画の前日譚にあたる物語で、原作や映画でも描かれていない「ZQN」が生まれるまでの知られざるエピソードを映像化しています。もちろんセクシーダンスとかノリノリな音楽は出てきません!

ZQN 緊張感あふれるサバイバルパニック作品です(画像をクリックでサイトに移動)

 斜め上のプロモーション活動に全力を注いでいる「アイアムアヒーロー はじまりの日」は、dTVで独占配信中です。なぜか作品と真逆の方向性の「ZQNダンス」の感染者が拡大しちゃってるんですが……これ本当に宣伝になってるんですか!?

提供:エイベックス・デジタル株式会社

アイティメディア営業企画/制作:ねとらぼ編集部/掲載内容有効期限:2016年4月28日

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」