ニュース
» 2016年04月16日 14時00分 公開

紙アーティストの神ワザがすごい! 紙が見事なウィッグやドレスに変身

すべてが白になる……。

[Jun,ねとらぼ]

 純白の紙から、すばらしいウィッグやドレスを生み出すロシアのアーティスト、Asya Kozina氏がニュースやSNSで広く話題となっています。

 今注目を浴びているのは彼女の最新作「Baroque paper wigs」(紙で作られたバロックスタイルのウィッグ)です。世界中のクリエイターが作品を公開するSNS「Behance」で閲覧数首位を獲得しました。もともとこのウィッグは家族が彼女に個人的に依頼したもので、家族自身が写真のモデルをしています。


バロックヘア カールや装飾までも非常に細かく作られている

ペーパーウィッグ家族写真 世界でただ1枚のステキなペーパーウィッグ家族写真

帆船を乗せたバロックヘア 舞踏会で髪の盛り具合を競った時代のヘアスタイルだけに、頭に帆船も乗っています

 2014年に発表された、世界の婚礼衣装をテーマとした「Paper doll's」も彼女の代表的な作品のひとつです。一連の作品はオーストラリアのランジェリーメーカー「Wild Orchid」のウェディングランジェリーの広告用として作られました。本来多彩な色を持つ世界の婚礼衣装を純白の紙で表現し、同じく純白のランジェリーと合わせることで、統一感のある作品となっています。またランジェリー自体を見せるという目的を踏まえ、露出は高めとなっています。


世界の婚礼衣装 世界の婚礼衣装とウェディングランジェリーの競演。まるで生けるペーパードールのような作品群

バッスルスタイル バッスルスタイルのウェディングドレス。ストールやチョーカー、トリムのレースまで細かく表現されている

 紙で作られた婚礼衣装はほかにも発表されており、Mongolian costumes(モンゴルの衣装)もその作品のひとつです。彼女がモンゴルの婚礼衣装に魅了されたことが制作のきっかけとのこと。伝統的なスタイルに独創性を加え、オリジナルが持つ特徴をさらに強調したデザインとなっています。


モンゴルの婚礼衣装 異世界に迷い込んでしまったかのような衣装の数々

 作品解説によると、白い紙を素材として、色や不必要なディテールを排することにより、シェイプがより強調されるといいます。

 Asya Kozina氏の手にかかれば、平面的な紙が、立体的で圧倒されるドレスやウィッグに変貌を遂げる……まるで魔法使いのようなアーティストです!

(画像:Asya Kozina

(Jun)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  3. /nl/articles/2110/25/news023.jpg 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙
  4. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  5. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  6. /nl/articles/2110/26/news020.jpg 「最後くそわろた」「盛大に吹いたw」 コンビニバイトが出会った“変なお客さん”の珍行動漫画が話題に
  7. /nl/articles/2110/25/news057.jpg 子どもが熱を出したママのシフト変更を断った独身時代…… 親になって気付いた“ワーママの休みづらさ”を描いた漫画に反響
  8. /nl/articles/2110/26/news070.jpg ガンダムを廃材から作り出す職人がすごい 可動まで実現する神業に「令和のプラモ狂四郎」の呼び声
  9. /nl/articles/2012/09/news170.jpg ノジマ、PS5抽選販売で「転売ヤーを1件ずつ人力で排除」 応募総数は12万件、当選発表の遅れを謝罪
  10. /nl/articles/2110/21/news140.jpg 「早よ来い。ボケ」 知らない人から暴言メールが来たと思ったら…… ダブりの先輩から告白される漫画がシュールなハイスピードラブストーリー

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙