ニュース
» 2016年04月17日 15時12分 公開

愛媛新聞、見出しに込めた“ガンバレ熊本”の隠しメッセージ 「やるじゃん」「うるっときた」とネットで称賛

見出しの強調文字をつないでいくと……。

[池谷勇人,ねとらぼ]

 4月14日に熊本県を襲った大地震。被災地では3日経った今も余震が続いていますが、愛媛新聞は4月17日、スポーツ欄に「ガンバレ熊本」の隠しメッセージを込め、熊本に向けてエールを送りました。


画像 黒枠で強調された文字をつないでいくと……(画像提供:愛媛新聞

画像 「ガンバレ熊本」に(画像提供:愛媛新聞

 「大久保2得点」「浦和後半大あバレ」「大宮、甲府決め手欠」「たも斎藤弾」「鹿島攻守に領」――。一見地震とは関係ない見出しが並んでいますが、強調された文字をつなぎあわせていくと「ガンバレ熊本」のメッセージが現れるというもの。粋なはからいにTwitterでは「やるじゃん愛媛新聞」「うるっときた」など、称賛・感動の声が相次いで寄せられました。





 愛媛新聞によると、この見出しを考えたのは40代の男性記者とのこと。どのような意図で行ったのか尋ねたところ、次のようにコメントをいただきました。

熊本県では相次ぐ地震で深刻な被害を受けています。熊本出身のJリーグの選手は故郷を思い、目頭を押さえインタビューに答えていました。担当記者は不安な気持ちを抱える熊本の方々に思いを馳せ、新聞紙面を通じて何かできないかと考え、見出しにメッセージを込めました。(愛媛新聞 編集局)


 本来、スポーツ欄は地震の情報を扱うところではありません。それでも何か自分たちにできることはないだろうか――そんな愛媛新聞の思いが、紙面を通じてこちらにも伝わってくるようです。


関連キーワード

新聞 | 地震 | 災害


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/29/news029.jpg 漫画版「幼女戦記」作者が職業を隠し漫画教室に通う話が喜劇 先生「あなたはKADOKAWAに向いてそう」
  2. /nl/articles/2011/28/news042.jpg 「ぺりかんになりたい」「キングコブラを飼育してほしい」 無茶ぶり質問にガチ回答する「イングランドの丘」の飼育員さんが話題に
  3. /nl/articles/2011/29/news007.jpg 鍵を閉めずに出かけて帰ってきたらナイフを持った友人が…… 施錠の大事さが分かる漫画に鳥肌が立つ
  4. /nl/articles/2011/28/news034.jpg もし「鬼滅映画キャラが実は全員俳優だったら」を描いた撮影現場漫画にほっこり 「好きな世界観」「優しい世界」と話題に
  5. /nl/articles/2011/29/news005.jpg 「リアル岩合さん」「すごいニャンコがあらわれた!」 ファインダーをのぞく子猫カメラマンに才能があふれている
  6. /nl/articles/2011/28/news003.jpg 「そこにいないはずの弟の呼び声」「体をまたがれる感覚」……怪奇現象に見舞われた漫画家の体験談漫画にぞっとする
  7. /nl/articles/2011/29/news009.jpg 視力を与える代わり、10年後に命をもらう―― 悪魔と契約した盲目の少女、暖かくも切ない結末に涙
  8. /nl/articles/2011/29/news038.jpg 『クッキングパパ』塩盛りサラミを酒で流し込む“内臓破壊飲み”回話題に → 公式が即座に無料公開
  9. /nl/articles/1907/22/news088.jpg 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  10. /nl/articles/2011/29/news002.jpg ゾンビになったおじいちゃん(享年22歳)が孫のためにがんばる 笑えてホロリとくるコメディ漫画がステキ