ニュース
» 2016年04月22日 14時52分 公開

ファミコンブームの熱気がよみがえる! マシリトやゆう帝による裏話満載の「週刊少年ジャンプ秘録!! ファミコン神拳!!!」

ゆうていみやおうきむこうほりいゆうじとりやまあきらぺぺぺ……(ふっかつのじゅもん)。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 時は1985年、ファミコンブームの最盛期にして、ゲーム専門メディアの黎明(れいめい)期。情報に飢えるファミコン少年に、裏技や攻略法を鮮烈に届ける「ファミコン神拳」が、「週刊少年ジャンプ」に連載されていました。その熱気を伝える書籍「週刊少年ジャンプ秘録!! ファミコン神拳!!!」が、ホーム社より発売されます。


表紙 「週刊少年ジャンプ秘録!! ファミコン神拳!!!」表紙。イラストは当時と同じく土居孝幸さんが担当。帯にも豪華メンバーが名を連ねています

 「ファミコン神拳」は、「北斗の拳」のパロディで書かれたファミコン情報コーナー。参加ライターは「ファミコン神拳伝承者」を名乗り、情報を熱く書きつづっていました。初代編集者は「マシリト」こと鳥嶋和彦さん、伝承者は「ゆう帝」こと堀井雄二さんや「ミヤ王」こと宮岡寛さんなど、現在も活躍するビッグネームばかり。

 同書はファミコンブーム時の、ファンや作り手の「熱」を伝える「ファミ熱!!」プロジェクトの第1弾。「ファミコン神拳」の豪華メンバーが一堂に会する座談会や、インタビューを収録しています。堀井雄二さんの「ポートピア連続殺人事件」から「ドラゴンクエスト」シリーズへの流れや、連載当時の裏話など、ゲームファンから業界関係者まで注目の内容。


座談会 豪華メンバーによる座談会

 当時読者がワクワクしながら封を切った、「袋とじ」の内容も再録。「ゼビウス」の無敵コマンドや「チャンピオンシップロードランナー」の攻略テクニックなど、ゲームファンを騒然とさせた誌面が、裏話とともによみがえっています。


袋とじ 「ドアドア」の隠し要素は、スクープする前提で仕込まれていた!?

 「あ」「た」「た」「た」「た」の5文字でゲームを採点する、のちのゲームレビューの先鞭となった「あたた!! 大採点拳!!」も163タイトル分収録。カバーや誌面イラストは、当時と同じく「桃太郎電鉄」でおなじみの土居孝幸さんが手掛け、6ページの漫画も描き下ろしています。

 「週刊少年ジャンプ秘録!! ファミコン神拳!!!」は、1800円(税別)で5月20日発売。公式アカウントも開設され、誌面や座談会の一部を公開しています。


(沓澤真二)


関連キーワード

ファミコン | ゲーム | 書籍


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  3. /nl/articles/2110/25/news023.jpg 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙
  4. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  5. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  6. /nl/articles/2110/26/news020.jpg 「最後くそわろた」「盛大に吹いたw」 コンビニバイトが出会った“変なお客さん”の珍行動漫画が話題に
  7. /nl/articles/2110/25/news057.jpg 子どもが熱を出したママのシフト変更を断った独身時代…… 親になって気付いた“ワーママの休みづらさ”を描いた漫画に反響
  8. /nl/articles/2110/26/news070.jpg ガンダムを廃材から作り出す職人がすごい 可動まで実現する神業に「令和のプラモ狂四郎」の呼び声
  9. /nl/articles/2012/09/news170.jpg ノジマ、PS5抽選販売で「転売ヤーを1件ずつ人力で排除」 応募総数は12万件、当選発表の遅れを謝罪
  10. /nl/articles/2110/21/news140.jpg 「早よ来い。ボケ」 知らない人から暴言メールが来たと思ったら…… ダブりの先輩から告白される漫画がシュールなハイスピードラブストーリー

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙