ニュース
» 2016年04月25日 17時26分 公開

美少女VRゲームや対戦相手になってくれるアンドロイド 未来のゲーム事情を描くSF小説がカクヨムに登場

「22世紀のレトロゲームレビューサイト」の体裁で、架空のゲームを評価する。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 @Alamogordoさん作の小説「The video game with no name」が、小説投稿サイト「カクヨム」で注目を集めています。「2115年に開設されたレトロゲームレビューサイト」というユニークな体裁で、未来のゲーム事情を描くSF短編です。


あらすじ 小説のあらすじも、サイト紹介文の体裁

 レトロゲームレビューと言っても、22世紀の視点によるもの。取り上げられているのは現実の我々からすると、架空の未来のゲームです。例えば、第1回の題材「キミにキュン!人工ヒメゴコロ」は、2022年発売のVR美少女ゲーム。VRが既に陳腐化している未来の視点から、ある問題点から失敗してしまった作品を紹介しています。

 作者の想像力と巧みな文章構成により、「もしVRの美少女ゲームが発売されたらどのような事象が発生するか」をリアルに表現。VRマシンの先駆けであるバーチャルボーイへの言及や、「人工ヒメゴコロ」体験会の異様さがTwitterで拡散される描写が、リアリティを高めています。


PS VR 「※2016年発売前夜のプレイステーションVRのサイトが残ってました!」と、実在のURLを掲載する凝りよう

 第2回の題材「Acacia(アカシア)」はゲームではなく、2073年に発売された「対戦相手になってくれる」アンドロイド。「対戦ゲームは一緒に遊んでくれる友人が必要」という問題は半世紀後も存在するらしく、その解消のために開発されています。

 Acaciaは、ゲームを遊ぶのに必要な最低限の機構を備えており、マニピュレーターでゲームパッドを手に取りプレイ。AIがゲームのルールを学習し、みるみるうちに上達していきます。外見はサイバーかつゴスロリ風味の美少女で、性格には「ちょっと勝ち気な妹」設定をトッピング。内向的なゲーマーから支持を受けますが、さまざまな問題を引き起こして衰退してしまいます。

 実在のゲームを歴史的事実として織り込んだり、架空のゲームがSNSでバズったりと、現在の我々が知る事象とクロスオーバーする構成が巧み。文章も軽妙でサクサク読めます。「The video game with no name」は短編連載形式で、現在は紹介した2編が公開中。次の題材は未来のソーシャルゲームか、はたまたeスポーツか? 新作の公開が待たれます。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2008/04/news130.jpg レディー・ガガ、渡辺直美の「Rain On Me」パロディーMVを絶賛 早くも“1000万回再生”に迫る勢いに
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2008/03/news017.jpg 母犬「私の赤ちゃんを助けて……」 真冬の排水管で暮らすワンコ親子を保護→元気に成長した姿に涙があふれる
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2008/04/news071.jpg 「何で顔を隠すの?」 安藤美姫、娘とテレビ初共演 “顔出し”解禁は娘の一言が転機に
  6. /nl/articles/2008/03/news094.jpg 「子どものため」って何だろう? 手作りの食事にこだわりすぎてうつ病になったお母さんが、「ポテサラ事件」に思うこと
  7. /nl/articles/2008/03/news020.jpg ブロックたたき骨折、謎キノコ食べて下痢 無謀過ぎる男を描いた4コマ「マリオになりたかった男」ラストで感動が押し寄せる
  8. /nl/articles/2008/03/news109.jpg 「半沢直樹」大和田、再び“土下座”なるか? 伊佐山と裏で結託するも……怒濤の展開にネット考察盛り上がる
  9. /nl/articles/2008/03/news064.jpg LINEヘルスケア、悩む人に「死ぬのが正解」「低レベル」「ガキンチョ」と言い放ち炎上 登録医師の「利用規約違反」があったと謝罪
  10. /nl/articles/1906/06/news080.jpg 「顔はお父さん、全体はお母さんの遺伝子が」 仲村トオルの娘・ミオが初グラビア、“176センチ”の抜群なスタイル披露