ニュース
» 2016年04月27日 13時30分 公開

第20回手塚治虫文化賞、大賞に「よつばと!」「鼻紙写楽」が異例のW受賞 短編賞には「じみへん」

清新な才能を持つ作家に贈る「新生賞」は安藤ゆきさんに。

[ねとらぼ]

 朝日新聞社が贈るマンガ賞「第20回手塚治虫文化賞」の各受賞作・受賞者が決まりました。年間のベスト作品に贈る「大賞」は例年1作品ですが、今回は2作品に决定。あずまきよひこさんの「よつばと!」と、一ノ関圭さんの「鼻紙写楽」が受賞しました。

 

第20回手塚治虫文化賞第20回手塚治虫文化賞 大賞の「よつばと!」と「鼻紙写楽」

 短編、4コマ、1コマなどを対象にした「短編賞」は、昨年26年の連載に幕を下ろした中崎タツヤさんの「じみへん」。四半世紀にわたって連載で築き上げた唯一無二の笑いの世界が評価されました。「新生賞」は安藤ゆきさんに决定。主人公のユニークな造形が光る「町田くんの世界」の表現が清新と評されています。マンガ文化の発展に寄与した個人・団体に贈る「特別賞」は、10年にわたり博物館と図書館の両面からマンガ文化に貢献したとして「京都国際マンガミュージアム」が受賞。

第20回手塚治虫文化賞第20回手塚治虫文化賞 短編賞「じみへん」、特別賞の安藤ゆきさんの作品「町田くんの世界」

 今回大賞の候補に上がっていたほかの作品は、「orange」(高野苺)、「ゴールデンカムイ」(野田サトル)、「孤独のグルメ」(谷口ジロー/原作:久住昌之)、「ちはやふる」(末次由紀)、「蝶のみちゆき」(高浜寛)。受賞した2作品には賞牌と、副賞200万円を分けた100万円がそれぞれに贈呈されます。

第20回手塚治虫文化賞 受賞者に贈られるアトム像

 5月29日13時30分から有楽町朝日ホール(東京・有楽町)で、記念イベント・贈呈式を開催予定。「20世紀少年」などのマンガ家・浦沢直樹さんとコピーライター・糸井重里さんの対談「漫画家という仕事 〜描線ということば〜」、しりあがり寿さんと西原理恵子さんという過去の受賞者同士による画力対決など、企画も催されます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2010/20/news078.jpg ざわちん、“6時間”かけた『鬼滅の刃』炭治郎&禰豆子コス披露 悪戦苦闘したメイクには「おでこだけ似とる……」
  2. /nl/articles/2010/19/news112.jpg 「クオリティがひどい」「傷が入っている」 指摘相次いでいた「名探偵コナン」スノードーム、販売元が返金対応を決定
  3. /nl/articles/2010/20/news079.jpg 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  4. /nl/articles/2010/19/news147.jpg ハイジとは……(困惑) 牧歌的要素ゼロの映画「マッド・ハイジ」、ティーザー映像から漂うトガりっぷりが狂気のレベル
  5. /nl/articles/2003/06/news126.jpg 「めちゃくちゃ再現度高い」「やばすぎる…まんまじゃん…」 叶美香、『鬼滅の刃』甘露寺蜜璃コスが“本物”でしかない
  6. /nl/articles/2010/19/news073.jpg 「コマンドプロンプトは黒い画面に文字がたくさん出て怖い」→「チャット風」にしてみた LINEみたいで「分かりやすい」と話題に
  7. /nl/articles/2010/19/news031.jpg 「拾った猫が10日ほどで別猫に……」 愛情をたっぷり受けた保護猫のビフォーアフターに驚き
  8. /nl/articles/2010/20/news089.jpg やっぱりビジュアルすごいな! 「きかんしゃトーマス」劇場版最新作、0系新幹線“最速のケンジ”登場にネット再び動揺
  9. /nl/articles/2003/29/news014.jpg 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  10. /nl/articles/2010/19/news133.jpg ナスカの地上絵で“古代ネコ”発見 衝撃ニュースにネット騒然