ニュース
» 2016年05月02日 09時02分 公開

なにこれ、冒険したい! 実在の都市の80年代RPG風マップ「8-Bit City」

8ビットのBGMを流しながら眺めたい。

[宮原れい,ねとらぼ]

 実在する都市を80年代RPG風マップで見られるサイト「8-Bit City」が公開されています。現在、アメリカのニューヨークから、イギリスのロンドン、フランスのパリなど世界の18都市が8ビット化されていて、日本の京都も含まれています。


8-BitCity ニューヨークが8ビットに

8-BitCity Googleマップでのニューヨーク

8-BitCity ズームも可能

 実際にGoogleマップと比較してみると再現度が高いです……! ニューヨークが一番分かりやすいのですが、離島や川を含む都市の形が本当にそのまま8ビットになっています。左上のボタンでズームもできて、都市によっては7段階くらい拡大して見ることが可能です。


8-BitCity8-BitCity 木アイコンでの再現……!

 Googleマップの「Earth表示」と比較するのも面白く、木の8ビットアイコンをうまく使って、街の中の緑を再現しているのを確認できます。8ビットのマップ上で、木アイコンで囲まれているところを見ると「あそこはどこかの洞窟をくぐっていくのかな?」とかRPG的な想像をしてしまいます……!


8-BitCity ニッポン、京都!

8-BitCity Googleマップより、京都(Earth表示)

8-BitCity8-BitCity スターバックスコーヒーの主張がすごい

 日本の京都もうまく再現されていて、特に京都御所や鴨川がパッと見て分かるようになっています。あと目に付くのが、ズームで見た時に8ビットマップに表示される「STARBUCKS COFFEE」の文字。海外仕様だからなのか、京都タワーの周りにさまざまな施設がある中で「スターバックスコーヒー京都タワー店」がピックアップされていました。

 8ビット世代なら、これを見ながら実際の都市を散歩すれば冒険気分を味わえること間違いなし! ……ただ、きっと途中でGoogleマップに切り替えそうですが。

(宮原れい)

関連キーワード

地図 | Google Maps | 再現


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む