これが“ドイツのコミケ”だ 特大ファンイベント「ドコミ」に行ってきました!(1/2 ページ)

欧州各国からも広く参加者を集めるドイツのファンイベント、ドコミの模様をお届けします。

» 2016年05月08日 22時00分 公開
[Katahoねとらぼ]

 ドイツ西部のデュッセルドルフで4月30日〜5月1日の2日間、アニメコンベンション「Dokomi(ドコミ)」が開催されました。ドコミはファンによるファンのための総合イベントで、ステージ企画、ワークショップ、クリエーターのブース、物販などが同時進行で実施される、欧米では一般的な形式のファンイベントです。2009年にスタートし、その後急成長。今年は400を超える企業、団体、個人のブースが出展。来場者も3万1000人(2日間のべ)を超え過去最高を記録しました。

ドコミ2016 今年新たに追加された見本市会場「メッセ・デュッセルドルフ」の3番ホール。従来のメイン会場である国際会議場「コングレス・センター・デュッセルドルフ」からは直接出入りができる

 ドコミの名前の由来は「ドイツのコミケ」。日本の本家コミケ同様、多くの有志スタッフにより支えられています。今年は400人のボランティアスタッフが参加しました。2015年に「コミケットスペシャル6 〜OTAKUサミット2015〜」(千葉・幕張メッセ)で設立された国際オタクイベント協会(I.O.E.A)にも加盟する総合イベントです。

ドコミ2016 メインステージ。開会式ではポップ歌手のジェイミー=リー・クリーヴィッツさんが代表曲「Ghost」を歌った
ドコミ2016 開会式に登場したメイドカフェのメイドさんたち

 ドコミの特徴はイラストレーターのエリアが広いこと。プロ、アマを問わず、主にオリジナル作品の漫画やイラストを販売します。ドイツのファンの間では同人誌という言葉も年々認知されてきており、薄手の冊子で個人が作成した漫画は「Dojinshi」と呼ばれています。

 また、コミケが無料で入場できるのに対して、ドコミではチケットが必要となります。当日の窓口価格では、土曜日券26ユーロ(約3200円)、日曜日券24ユーロ、2日間券38ユーロとなっていました。

ドコミ2016 イラストレーターのエリア

Dojinshiとコスプレだけじゃない

 メイン、サブ・ステージでは、コスプレコンテストやアマチュア劇団によるパフォーマンス、ファンによるカバーソングの披露、いわゆる「踊ってみた」のコンテストとなるダンスオフ・コンテストも実施されました。

ドコミ2016 ダンスオフコンテンストの出場者。とても元気なダンスでした
ドコミ2016 アフレコが体験できるワークショップ。この他にもウィッグのスタイリングなど様々なテーマのワークショップが実施された

 会場を見本市ホールに大きく拡張したことにより、ファッションエリアやフードコーナー、痛車の展示やコスプレ撮影スタジオのコーナーなど、広い展示スペースを活用したコンテンツが目立ちました。メイドカフェやその男性版である「ホストクラブ」も人気コーナーの1つ。

ドコミ2016 「痛車」や「痛バイク」といった展示コーナーも盛り上がっていました
ドコミ2016 初音ミクの「痛車」も発見!所有者によると通勤に使用しているそうです
ドコミ2016 「学校」をテーマにしたコスプレ撮影コーナー
ドコミ2016 今回エンドユーザー向けのイベントに初出展したという「heo」。日本のアニメグッズメーカーと協力し正規品の卸売販売を行っています
ドコミ2016 メイドカフェは入店に長蛇の列ができるほど大人気でした
ドコミ2016 フードコーナーでは地元デュッセルドルフの日本食店「MARUYASU」が寿司やカレー、枝豆を提供していました

 日本からも、歌手の西沢幸奏(にしざわ・しえな)さん、漫画家のヤマザキコレさん、前田俊雄さん、ロリータ・ファッションモデルの青木美沙子さんなどが招待されファンと交流しました。

ドコミ2016 ロリータ・ファッションモデルの青木美沙子さん。前日に開催されたティー・パーティには多くのロリータファッションのファンが駆けつけたそうです

 ドイツ国内からも旬のゲストが招かれ、開会式では歌手のジェイミー=リー・クリーヴィッツさんが美声を披露しました。欧州のそれぞれの国を代表する歌手によるソング・フェスティバル「ユーロビジョン・ソング・コンテスト」のドイツ代表に選ばれた、ドイツで今最も注目されている歌手の1人です。

ドコミ2016 クリーヴィッツさんのファッションスタイルは日本発の「デコラ系」。サイン会場にお邪魔したところ「ぜひ私の歌を聞いてみてください」とのことでした
ジェイミー=リー・クリーヴィッツさんの歌

 毎年チケットの入手が困難になるのが夜の部。コスプレ舞踏会とDJパーティーが開催されます。コスプレ舞踏会には、1000人以上の正装した男女が集まり深夜1時までワルツなど社交ダンスを楽しみます。

ドコミ2016 ホールへの入場を待つコスプレ舞踏会の参加者
ドコミ2016 ボーカロイド、鏡音リン・レンの舞踏会仕様。衣装は手作りだそうです
ドコミ2016 ホール内部は1000人以上の参加者でものすごい熱気でした
ドコミ2016 日本からの招待ゲストDJ kors kさんのプレイ。このほかオランダのDJ MKさんやドイツのDJ 2名が会場を盛り上げていました
ドコミ2016 DJパーティーでは昼間の熱気もそのままに、コスプレで参加する人たちも多数いました
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  2. /nl/articles/2405/18/news066.jpg 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  3. /nl/articles/2405/18/news004.jpg 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  4. /nl/articles/2405/19/news014.jpg ソファに座る息子を見ると……→“まさかのもの”を食べる姿が585万表示 ママ絶叫の光景に「あああ!!」「バイタリティがすごい」
  5. /nl/articles/2405/19/news058.jpg 本田真凜、ショートパンツのスウェット姿に注目の声 「かわいいー!」「スタイルよすぎる」
  6. /nl/articles/2405/16/news066.jpg 伝説のスポーツカーが朽ちている……!? ある田舎の風景を描いた精巧なジオラマに「リアルすぎる」「ホンモノかと」驚きの声
  7. /nl/articles/2405/19/news019.jpg 車両置き場から何かの鳴き声→探しても見つからずフォークリフトの中をのぞいたら…… まさかの正体に「困ったもんだ(笑)」「ここはマズイ」
  8. /nl/articles/2405/18/news068.jpg 『HUNTER×HUNTER』の冨樫義博がXで怒り 立て続く“誤配”で「三度目です」「次はもう知らん」
  9. /nl/articles/2405/21/news018.jpg 側溝の泥に埋もれて瀕死の子猫→救助されて1年後…… 涙あふれるビフォーアフターに「良かった……良かったです」「奇跡ってある」と182万表示
  10. /nl/articles/2208/06/news075.jpg 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
先週の総合アクセスTOP10
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評