ニュース
» 2016年05月09日 11時14分 公開

「シェンムー」のような作品は当時“タブー”だった―― 鈴木裕氏、「誰にも理解してもらえなかった」と開発の苦労明かす

本日発売の「別冊少年マガジン」で、鈴木裕氏が「シェンムー」開発や当時のゲーム業界について振り返っています。

[ねとらぼ]

 「バーチャファイター」や「スペースハリアー」「シェンムー」など数々の名作を生み出し、現在は最新作「シェンムー3」を開発中の鈴木裕氏。そんな鈴木氏が「シェンムー」シリーズについて、当時は「誰にも理解してもらえなかった」と別冊少年マガジンのインタビューに答えています。


鈴木裕インタビュー 別冊少年マガジン6月号「ゲームレジェンドに聞く!」より

 「シェンムー」シリーズは自分にとって「自然なことを積み重ねて、作品としてカタチにした」ものだったと鈴木氏。例えば当時のゲームでは“キャラクター同士が会話する時はお互い真正面に立たなければいけない”“キャラクターが壁にぶつかっても、立ち止まったまま足踏みを繰り返す”といった“不自然”が常識になっており、鈴木氏が「現実の世界だったら、僕が正面ではなく真横に立っていても、ちゃんと話は出来るでしょう?」と説明しても、誰も賛同してくれなかったそう。今でも海外メディアから「『シェンムー』でやり残したことは?」と聞かれると、決まって「ラーメンが伸びなかったんだよ」と答えているとか。


鈴木裕インタビュー インタビューが掲載されている「別冊少年マガジン6月号」

 一方で、鈴木氏が「シェンムー」で目指した“なんでもできる”という方向性は、当時のゲーム業界では一種のタブーだったとも。「当時は、ビデオゲーム開発者にとって“プレイヤーが何でもできる作品を作る”ことは、“何もできない作品になる”とも言えて、タブーの領域だったんです」(鈴木氏)。その後「シェンムー」の存在は「グランド・セフト・オート」など海外の作品に強い影響を与えますが、日本で「シェンムー」タイプの作品が生まれなかった背景には、そうした意識の違いもあったと鈴木氏は指摘しています。

 鈴木氏の最新作「シェンムー3」は昨年、Kickstarterではビデオゲーム史上最高調達額となる633万ドル(約7億8500万円)を集め(関連記事)、現在リリースに向けて開発中。インタビューでは「『シェンムー 一章 横須賀』と『シェンムーII』とはコンセプトを変えたんですよ」と語るなど、「シェンムー3」についても興味深い発言が飛び出しています。


鈴木裕インタビュー kickstarterではビデオゲーム史上最高額を調達した「シェンムー3」

鈴木裕インタビュー 開発中のゲーム画面(Kickstarterより)

 ちなみにインタビューの聞き手は「MMR マガジンミステリー調査班」のイケダ隊員ことイケダ記者。かつてはゲームライター“響あきら”として活動するなど、ゲームにも深く精通していたことで知られるイケダ記者ですが(関連記事)、その昔、鈴木氏から「シェンムー」の前身にあたる「バーチャファイターRPG」のディレクターに誘われたこともあったとか……。

 5ページにわたる鈴木氏のロングインタビュー「ゲームレジェンドに聞く!」は、本日(5月9日)発売の別冊少年マガジン6月号に掲載中です。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/24/news131.jpg 「マジでかわいい!」「試合で見れない表情」 石川佳純、メイクアップしたショットに大反響
  2. /nl/articles/2109/25/news064.jpg 森尾由美、長女の結婚をレアな母娘3ショットで報告 「美人親娘」「姉妹みたいや」と反響
  3. /nl/articles/2109/25/news033.jpg 劇場版「鬼滅の刃」地上波初放送で新聞各紙が心を燃やす 「ちょっと待って」「新聞見たら煉獄さんがいたのでわあってなった」
  4. /nl/articles/2109/24/news037.jpg 道路にうずくまっていた子猫を保護→2日後…… モフモフな抱っこ紐から顔を出す姿がたまらなくいとおしい
  5. /nl/articles/2009/13/news017.jpg 「ちょ、おまわりさんオレ達よりヤバいのおるやん!」 夜のコンビニに世紀末魔改造ミニカーが襲来、みんなびっくり仰天
  6. /nl/articles/2109/25/news062.jpg 「F1」ルイス・ハミルトン、ピットイン時の事故動画を自ら公開 事故後の対応へ称賛の声「これでこそチャンピオン」
  7. /nl/articles/2009/28/news112.jpg 「お姫様みたい」「モデルやん」 池江璃花子、成人式の前撮りでティアラ&深紅のドレス 振袖姿は「当日までのお楽しみ」
  8. /nl/articles/2109/22/news156.jpg 『らんま1/2』の「あかねの髪形変更」というイベントが割り込み展開のはずなのに自然な流れ過ぎてすごいという話
  9. /nl/articles/2102/04/news101.jpg 「女優さんかと思った」「卓球界のシンデレラ」 石川佳純、プロが仕上げた“ガチ美人”ショットに絶賛の声
  10. /nl/articles/1907/02/news082.jpg 「美しすぎてクラクラ」「健康的な美ボディー」 吉田沙保里、下着モデル初挑戦の“最強の1枚”に反響

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」