ニュース
» 2016年05月09日 14時36分 公開

金正恩が女体化!? 中国産ゲーム「萌王EX」が越えてはいけないラインを余裕で踏破する

日本人キャラには豊臣秀吉が(なおロリ)。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「三国志」や「信長」でゲームアプリを検索すると、女体化された武将が出てくることも珍しくない昨今。しかし中国のゲーム「萌王EX」はスケールが違います。中国の皇帝をはじめ、金正恩や豊臣秀吉など、王侯貴族や指導者までワールドワイドに女体化。キャラクターデザインはかわいらしく、アイデアも秀逸なのですが、モデルのチョイスが自由すぎて、いろいろ物議を醸しそうです。


公式Weibo タイトル画像は、わりと日本でも目にするような絵面なのですが……

金正恩 このセクシーな女性が、女体化された金正恩と知って戦慄(りつ)(画像は公式Weiboより)

 キャラクター紹介によると、ゲーム上の金正恩は「偉大なるリーダー」として登場。

 ゲームのメインを占めるのは、中国の歴代王朝の皇帝。北宋の趙匡胤は、出自が武官ゆえか一対のライトセーバーを振るう元気娘に。南唐の李イクは、政務よりも芸術の振興に注力していたことから、アイドルとして設定。モデルとデザインの差違はさておき、キャラクター設定には案外史実が反映されているようです。


趙匡胤 北宋の太祖、趙匡胤(画像は萌娘百科より)

李イク 南唐最後の皇帝、李イク(画像は萌娘百科より)

 豊臣秀吉は、なぜか半裸のサムライガールとして描かれています。


豊臣秀吉 右側が秀吉(画像は公式動画より)

 「萌王EX」は、AndroidとWindows向けに配信中で、日本からはWindows版のみダウンロード可能。筆者は試しに起動してみましたが、ファイアウォールの解除をやたら求められたため、セキュリティの不安からプレイを断念した次第です。

※公式サイトは開設していないとの指摘があり公式Weiboに差し替えました。おわびして訂正いたします。

(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」