ニュース
» 2016年05月10日 15時30分 公開

札幌の動物園を舞台にした漫画「ベンジー」 井上雄彦の弟子が執筆! 原泰久の漫画「ノースダム」も特別公開

作者の訪問がきっかけで描かれることに。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 札幌の民間動物園「ノースサファリサッポロ」を舞台にした漫画「BENJIE(ベンジー)」がネットで公開されています。

ベンジー 公式サイト

 作者は立沢克美先生(@k_tatsuz)。「スラムダンク」「リアル」などでおなじみの井上雄彦先生の弟子で、過去には週刊ヤングマガジンで「ポンチョ」を発表しています。

 新作の「ベンジー」は、才能がありながら、気持ちが弱く野球を諦めた主人公・加瀬タカトシが、札幌の民間動物園で逃げ出しそうになりながらも飼育員として、人間として成長していく物語。


画像 ノースダム(BENJIEオフィシャルサイトより)


 サイトにはスペシャルコンテンツとして、井上先生と立沢先生の師弟対談や、同じく井上先生のアシスタントだった原泰久先生が手掛け、キングダムの信が登場する「ノースダム」などが掲載されています。現在、札幌の一部施設では同作の公式ガイドブックを配布しています。

ベンジー 公式ガイドブック「GO! GO! ベンジー!!」

 ところで一体なぜ同作が生まれたのか。同園に誕生経緯を聞くと、「立沢先生が知人を介してノースサファリサッポロを知り訪問したところ、通常では考えられない体験ができたり、普通の動物園と全く違うコンセプトで運営しているのを、是非作品にしたいと要望した」とのこと。

 ちなみにノースサファリサッポロは、赤ちゃん動物とのふれあいからトラやライオンのエサやりまで幅広い体験ができる施設で、危険な動物が集められている「デンジャラスゾーン」が設けられていることから、「自己責任の動物園」としても知られています。

 もっとも、公式Facebookでは楽しそうにはね回るヤギやヒツジ、ミルクをもらうアカハナグマの赤ちゃんなど、ほのぼのとした動物の姿もチェックできます。


(神奈川はな)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」