ニュース
» 2016年05月11日 22時05分 公開

【閲覧注意】笑えばいいの!? 怖がればいいの!? 「幽霊専用脱毛サロン」のサイトが新境地を開拓している

脱毛せずに死んでしまった幽霊の皆様、朗報です。 ※ただし地縛霊は除く。

[大原絵理香,ねとらぼ]

 死んでからもムダ毛に悩む幽霊に向けた「幽霊専用脱毛サロン」の特設サイトが怖いのに面白いと話題になっています。笑いと恐怖が時に交互に、時に同時に降りかかってくる構造は、まさに新境地。


幽霊専用脱毛サロン 世界初の幽霊専用脱毛サロンの特設サイト。「朗報!」と言われてましても

 サイトを開くと、最初からかなり怖い雰囲気。恐る恐るページをスクロールしていくと、脱毛しないまま死んでしまった幽霊たちの、悲痛な叫びが聞こえてきます。足の無い幽霊に脱毛の必要はあるのか? という疑問も、これを見れば納得できるはず(多分)!


幽霊専用脱毛サロン よく見るとムダ毛だらけの足だ!


幽霊専用脱毛サロン 幽霊も、ムダ毛が憎いんですね……。

 生者と同様、幽霊にとってもムダ毛の自己処理は、大切なお肌に大ダメージを与えてしまうもの。やはりここは、プロに任せたいものですよね! そこでオープンしたのが、この「幽霊専用脱毛サロン」。サロンはうっすら線香が香るとても落ち着いた空間を演出していたり、幽霊にとっては死活問題である3つの要素「悪霊不在」「塩不使用」「神仏不在」宣言をしていたりと、幽霊のことをしっかり考えられた内容となっています。って、一体どういうことなの……。

 スクロールしていくと、怖い仕掛けが次々に襲ってくるため本当に絶叫しそうになります。と同時に、ところどころ出てくる「初回無料!」「うっそぉー! お得!」などのいかにも広告っぽい表現がとてもシュール。どんな顔をして読み進めていいのか分からなくなってきます。

 とはいえ怖いところは本当に怖いので、夜1人で見るのはオススメできません。最後までスクロールすると、後悔することになるかも……。

 なお、このサイトは「脱毛サイトのレビューサイト」のキャンペーンページだったようです。あー怖かった。


(大原絵理香)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン