ニュース
» 2016年05月14日 13時00分 公開

江戸の町並を仮想空間で体験できる「江戸の町VR化プロジェクト」がクラウドファンディング開始

10万円出資すると、住民として登場できる権利が。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 VRコンテンツ開発会社のAVATRAが、江戸時代の町並を仮想空間に再現する「江戸の町VR化プロジェクト」を始動。クラウドファンディングサイトの「CAMPFIRE」で資金調達を開始しました。


イメージ 魚屋や屋台などが息づくバーチャルな江戸(画像はCAMPFIREより)

ALT クラウドファンディングページ

 3Dモデル製作には「3dsMAX」、VR化には「Unreal Engine4」を使用。歴史研究家にして3DCGアーティストの中村宣夫を監修に迎え、当時の町並を正確に再現します。

動画が取得できませんでした
デモ動画

イメージ2イメージ3 再現イメージ(画像はCAMPFIREより)

 リリースは10月を予定。ソフトは5000円の出資で入手でき、10000円以上の出資でVR視聴用のハコスコが付属します。10万円以上出資した場合は、ユーザーが顔写真を元に3Dモデル化され、作品内に登場できる権利も。

 調達資金が初期目標の500万円に達すると、日本橋界隈(かいわい)の町人街が再現されます。以降、資金次第で再現範囲は拡大。丸の内の大名屋敷群や浅草界隈、果ては江戸城まで、華やかな江戸の世界を体験できるようになります。


日本橋 500万円達成で日本橋が再現(画像はCAMPFIREより)

丸の内 1000万円達成で大名屋敷が追加(画像はCAMPFIREより)

浅草 1500万円で浅草追加(画像はCAMPFIREより)

江戸城 2000万円で江戸城の内部まで!(画像はCAMPFIREより)

 発起人の大石真教(しんきょう)さんは寺生まれで、役僧からITベンチャーに転職したという異色の経歴の持ち主です。彼は江戸時代の区画の多くが、現代の東京に残っていることから、「江戸を知ってこそ日本人のアイデンティティを知ることができる」と考察。原点回帰がさらなる東京の発展につながると考えており、「日本人のみならず世界中の人々に、江戸の町の真の姿を体験してもらい、日本文化の奥深さを味わって欲しい」と述べています。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響