ニュース
» 2016年05月17日 17時23分 公開

「(受賞について)全く喜んでおりません」 三島賞を受賞した蓮實重彦氏の記者会見が震えるほど殺伐極まる

記者の心が折れそう。

[コンタケ,ねとらぼ]

 本日5月17日、新潮文芸振興会による文学賞、三島由紀夫賞と山本周五郎賞の受賞者発表および受賞者の記者会見が行われました。このなかで、三島由紀夫賞を受賞した蓮實重彦(はすみしげひこ)氏の記者会見があまりにも殺伐としていると話題になっています。

 記者会見の様子はニコニコ生放送でも配信されており、非プレミアム会員でもタイムシフトで見られます。蓮實氏が出てくるのは、1時間31分過ぎから。


登場 蓮實重彦氏(生放送1時間32分)

 最初に司会から「三島賞受賞を受けて今のご心境は」という質問を受けると、「ご心境という言葉は私の中には存在しておりません。ですからお答えしません」と蓮實氏。もうこの時点で、地獄の門が開いてしまった感じです。


ご心境 「ご心境という言葉は私の中には存在しておりません。ですからお答えしません」。えぇ……

 この後の質疑も、「本日蓮實さんはどちらでお待ちになっていて、連絡を受けたときにはどのような感想を持ちましたでしょうか」という質問が出れば「それも個人的なことなので申し上げません」。「三島賞の候補になられたときお断りになられるのではないかと思ったのですが、どのような思いで今回候補になると決められたのでしょうか」という質問にも「それもお応えいたしません」との回答。コワイ!!


回答 あんまりな回答の連発に沈みゆく会場と盛り上がるコメント

 その後も、

  • 「質問ならば簡単におっしゃってください」
  • 「(司会の「他に質問は」という言葉に対して)ないことを祈ります」
  • 「(受賞について)全く喜んでおりません。はた迷惑な話だと思っています。」
  • 「選考員が蓮實を選んだのは暴挙で迷惑な話」
  • 「ばかな質問はやめていただけますか」
  • 「(受賞した自著に)フィクションを研究している者ならいつでも書けるもの」
  • 「おっしゃることと質問がかみ合ってません」

 などなど、聞いている方が白目をむきそうな回答と発言を連発。会場の空気がどんどん重くなる一方で、コメント欄は草がいっぱい生えていました。面白いというか、もう笑うしかないというか。


草 会場の雰囲気とは逆に草にまみれるコメント。記者をいたわるコメントも多数見られました

 コメントでは、「受賞者が選考を批評しているという事態」「ただ今事故発生中」「爆笑」「こんなのが上司だとたまらんなw」「なかなか難易度の高い会見ですね」「感動して涙出てきた」「これは伝説の会見」といった声が上がっていました。しかし、質問に一切答えていなかったというわけでもなく、小説の内容に関する質問には普通に答えていました。単純に、個人的な質問に答えたくなかったようです。

 この件について東京大学新聞社理事の竹内靖朗さんは、蓮實氏は前からいろいろとすごかったとFacebookで語っています。1996年の東京大学新聞の読書特集号で「教員が学生に本を薦める」という内容について書いてもらったところ、「自分が読んできた書物というものは、好ましい異性の性器のようなもので、めったやたらに開陳すべきものではない」「今なおわれわれの頭上を旋回している、マルクスやフロイドなどを読んでおけばよい」「原稿料は東大新聞に寄付する」といったことが書かれていたそうです。なんというか、納得。



 ただし、評論家の東浩紀氏によると、これらは全て“芸風”であり、“茶番”であるとのこと。この辺の事情を知らないで見ると、震え上がりますね……。



 いやぁ……なんだかとんでもないものを見てしまった気分です。記者の皆さん、本当にお疲れさまでした……。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2206/28/news122.jpg 坂口杏里さん、新婚夫が毎日の愛妻料理をベタ褒め “バカ美味すぎ”の評価に「嬉しすぎて幸せやぁ」「愛ですね」
  2. /nl/articles/2206/27/news166.jpg 「ラーメン二郎」へ“表敬訪問”したジョージア駐日大使に話を聞いた 「次回は『ニンニク ヤサイ マシマシ、ブタ抜き、アブラ多め』を頼みたい」
  3. /nl/articles/2206/27/news100.jpg 「出勤前に柴犬の匂いを染みつける飼い主」 ギュッとされるワンコの幸せそうなお顔に「心が浄化された」の声
  4. /nl/articles/2206/28/news156.jpg 元乃木坂46の伊藤かりん、「顎変形症」手術のプレート除去 「骨って再生するんだね。人間すごい」
  5. /nl/articles/2206/28/news167.jpg 「こんなに絵が上手いなんて」 中川翔子、1時間で『SPY×FAMILY』アーニャを17体生み出してしまう
  6. /nl/articles/2206/10/news085.jpg 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  7. /nl/articles/2206/27/news190.jpg 控えめに言って最高だ! 檜山沙耶キャスター、『SPY×FAMILY』ヨル・フォージャーのコスプレに挑戦
  8. /nl/articles/2206/28/news098.jpg 「SOUL'd OUT」が突如トレンド入りも本人たちは無関係で「真実はどこだ」状態 発端は“Sold out”の誤変換?
  9. /nl/articles/2206/27/news130.jpg この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つかると食べられちゃう!? 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう
  10. /nl/articles/2206/27/news184.jpg 「TRF」YU-KI、療養中「globe」KEIKOの近況明かす「彼女はいたって元気です」 2011年にくも膜下出血倒れる

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」