ニュース
» 2016年05月18日 21時00分 公開

「カチャカチャターン!」が捗りそう タイプライター風Bluetoothキーボード「QWERKYWRITER」

タイプライター特有のリターンバーまで搭載。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 イギリスの新興企業、Qwerkytoysから、レトロなBluetoothキーボード「QWERKYWRITER」が登場しました。キーからリターンバーに至るまでタイプライターを模してデザインされた、ガジェット好きにはたまらない一品です。


タイプライター風のフォルム 左側にはタイプライター特有のリターンバーを装備

プロトタイプ公開時のプロモーション動画。カチャカチャした打鍵音がステキ(4分30秒ごろ)

 キーの軸にはメカニカルスイッチを採用。4ミリと深めのキーストロークもあいまって、タイプライターの打鍵感に迫ります。


青軸

キーデザイン キーはタイプライターのように丸いだけでなく、凹面仕上げでタッチ感を演出

 左側に配されたリターンバーは、右に押すことでエンターを入力可能。タイプライター特有の行送り操作を味わえます。最大5文字分のキー入力が登録可能なので、ファンクションキーとしても使えます。ウィンドウを閉じる操作が登録できれば、書類を書き上げたときに気持ち良く使えるかもしれません。カチャカチャカチャターン、シャキーン!


リターンバー リターンバーには、デフォルトでエンターが割り当てられている。もっとも、エンターキーがそこだけでは使いにくいことを考慮してか、通常のキーボードと同様のエンターキーも配されています

 本体の奥には溝があり、タブレットPCやスマートフォンを立てて使えます。Bluetoothに限らず、USB接続でPCに使用することも可能。同社はタイプライター風エディタアプリ「Hanx Writer」を用いた実演動画も公開中。iPadと組み合わせて使えば、本格的なタイプライター感を体験できそうです。


スタンド キーボードがそのままスタンドに

PCでの使用 PCと合わせても違和感なし

「Hanx Writer」と併用したデモ

 直販価格は399ドル。現在は特別価格の349ドルで提供されています。同製品は2014年にクラウドファンディングで資金調達を開始し、その後目標を達成。2015年10月から予約を受け付けていました。最近では日本でもAmazonをはじめ、ショッピングサイトから注文できるようになっています。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/16/news008.jpg 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  2. /nl/articles/2110/15/news148.jpg 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  3. /nl/articles/2110/16/news042.jpg 木村カエラ&永山瑛太、仲睦まじい美術館デートに反響 「素敵!」「ご夫婦で行かれたのですね」とファンほっこり
  4. /nl/articles/2110/16/news014.jpg “いけにえ”に出された娘が望むのは…… かわいそうな話からの強火すぎる漫画に「このヒロイン大好き」「いいぞもっとやれ」
  5. /nl/articles/2110/15/news028.jpg 【漫画】好きでもないケーキを毎週買いに来るおじさん客、いら立ったバイトが“イジワル”をしかけると…… すれ違いから始まる交流に涙
  6. /nl/articles/2110/16/news040.jpg 浜田雅功&小川菜摘、32回目の結婚記念日に仲よし夫婦ショット 息子からの祝福&プレゼントに笑顔で「嬉しい〜!」
  7. /nl/articles/2106/06/news011.jpg 号泣する2歳児に黒猫が寄り添うと…… 子どもをあやしてくれる兄のような猫ちゃんにほっこり
  8. /nl/articles/2110/15/news145.jpg 仲里依紗、運転免許証も鮮やかなブルーの髪色で 派手さマシマシの写真公開し「2026年までこれか〜」
  9. /nl/articles/2006/13/news011.jpg 王子が一目ぼれしたガラスの靴の少女、その正体は……? 童話みたいにいかないラブコメ漫画に「続きが気になる」の声
  10. /nl/articles/2110/16/news017.jpg よくある「パワータイプの弟と頭脳タイプの兄」……と思ったら? 全部盛りな兄とかわいいだけの弟の漫画がギャップ萌えのような何か

先週の総合アクセスTOP10