ニュース
» 2016年05月19日 14時25分 公開

奇妙奇天烈な”トウモロコシ”アドベンチャーゲーム発表 知能を持ったモロコシ描く、今秋にSteamで収穫へ

知能を持ったトウモロコシとは……。

[Shuji Ishimoto,AUTOMATON]
AUTOMATON


とうもろこし

 発売前や発表されたばかりのインディーゲームから、まだ誰も見たことがないような最前線の作品を紹介してゆく「Indie Pick」。第256回目は「Maize」をピックアップする。カナダオンタリオ州のトロントに位置する「Finish Line Games」が発表した本作は、一人称視点のアドベンチャーゲームである。まだデビュートレイラーとわずかな舞台設定が明らかにされているだけだが、ゲーム内には知能のあるトウモロコシ(Maize)とやらが登場するそうで、なかなかぶっ飛んだ内容となっているようだ。

 「Maize」のストーリーは、2人の科学者が米国政府から送られてきたメモを読み間違え、意識のあるトウモロコシを生みだしてしまった場面から始まる。トレイラーを見る限りでは、このトウモロコシは自立歩行が可能なようで、プレイヤーは謎の野菜生物の視点からゲームをプレイすることになるのかもしれないし、あるいはそうではないのかもしれない。「Finish Line Games」が公式サイトにて伝えているゲーム内容はとてもあやふやだが、とにかく奇妙でウィットに満ちた作品であり、そしてこのトウモロコシの素性を追うことになるのは間違いないようだ。

 トレイラーを見ると、トウモロコシの粒1つ1つまでを描く繊細なグラフィックや巧みなアニメーションは素晴らしく、アニメーションやボイスアクトにも力が入っていることがうかがえる。公式サイトでは美麗なスクリーンショットも公開。さびれたトウモロコシ農園と秘密の地下研究所、さらにアームが生えたリュックを背中に背負っているクマのぬいぐるみが登場している。


とうもろこしとうもろこし

とうもろこしとうもろこし

とうもろこしとうもろこし

とうもろこしとうもろこし

とうもろこしとうもろこし

とうもろこしとうもろこし

とうもろこし

 なおFinish Line Gamesは、2001年にリリースされた最大64人対戦が可能な対戦ゲーム「Cel Damage」のHDリマスター版を手がけたスタジオ。それ以外で目立った経歴はなく、今回の作品が同スタジオにとって初めてのメイン開発タイトルとなる模様。

 まだまだ謎の多いタイトル「Maize」は、2016年秋にSteamで収穫もといリリース予定とされている。どのようなモロコシゲームとなるのか、今後の続報に期待したい。

関連記事

Copyright (C) AUTOMATON. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる