ニュース
» 2016年05月24日 18時20分 公開

日用品もジオラマもぐーるぐる しりあがり寿さんが美術館で初個展 練馬で開催

さまざまなものを回転させる現代アートに加え、「弥次喜多 in DEEP」「真・ヒゲのOL薮内笹子」などの原画の展示も。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 「弥次喜多 in DEEP」「地球防衛家のヒトビト」をはじめとしたシュールなギャグ漫画で知られる漫画家・しりあがり寿さんによる現代アートの個展「しりあがり寿の現代美術 回・転・展」が、練馬区立美術館(東京都練馬区)で開催されます

 期間は7月3日〜9月4日まで。料金は一般が800円、高校、大学生、65〜74歳が600円です。


画像 しりあがり寿さんが手掛けた、ぐるぐる回る現代アートなどを展示

 しりあがり寿さんは漫画家としての活動と平行して、現代アートの制作も行っており、美術館での個展は今回が初。「回・転・展」では、日用品やジオラマ、絵画などを回転させた作品を展示。「弥次喜多 in DEEP」「真・ヒゲのOL薮内笹子」などの原画も公開されます。

 また、会期中には同氏とデザイナーの祖父江慎さんとの対談や、声優の銀河万丈さんによる読み語り、回転するオブジェを制作するワークショップなどのイベントが実施されます。


画像 「回るヤカン」2016年

画像 「回るアトリエ」2014年@art space kimura ASK?

画像 「回転体は行進するダルマの夢を視る」2014年@箱根彫刻の森美術館

画像画像 左:「弥次喜多 in DEEP」原画 月刊コミックビーム2000年1月号掲載 右:「真・ヒゲのOL薮内笹子」カバーイラスト原画 2003年

 同個展は練馬区立美術館のほか、9月17日〜11月6日まで刈谷市美術館(愛知県刈谷市)、2017年1月14日〜3月5日まで伊丹市立美術館(兵庫県伊丹市)で開催される予定です。


マッハ・キショ松


関連キーワード

芸術 | 美術館 | 漫画 | 原画 | 漫画家 | イベント


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/23/news015.jpg オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  2. /nl/articles/2011/23/news035.jpg 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  3. /nl/articles/2011/17/news169.jpg Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  4. /nl/articles/2011/23/news016.jpg 動いて……ない!? 棒人間たちが進んでいるように見える錯視GIF「スーパー錯視ブラザーズ」がすごい
  5. /nl/articles/1501/30/news156.jpg 野球ファンなら知っている ネットでよく見る「33-4」「なんでや!阪神関係ないやろ!」のやりとりって何なの?
  6. /nl/articles/2011/22/news016.jpg 「お母さんあれ誰?」 6歳息子が家の壁を指さし呼び続ける“何か”を描いた漫画、その正体が見事過ぎるオチ
  7. /nl/articles/2011/22/news017.jpg アプリ「一人用クトゥルフ神話TRPG」が“SAN値回復するタイプの狂気” 「名状し難い顔(=いらすとや)」「ダイス判定で転売ヤーが爆死」
  8. /nl/articles/2011/20/news116.jpg 間違いなくいい夫婦! おのののか、夫・塩浦慎理選手とリラックスしたラブラブショットでまさかの表情
  9. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  10. /nl/articles/2011/23/news007.jpg がっかりクリスマスプレゼントと思いきや―― 落胆から一転、キラッキラな笑顔を見せてくれためいっ子の漫画に心がほっこり温まる