ニュース
» 2016年05月26日 22時15分 公開

赤ん坊を抱いて進むお化け屋敷「赤ん坊地獄」期間限定で開催 20年前のお化け屋敷の“続編”

20年前と同様、お化け屋敷プロデューサーの五味弘文さんが演出を手がけます。

[宮原れい,ねとらぼ]

 東京ドームシティアトラクションズで、7月15日〜9月25日まで、赤ん坊を抱いて歩くお化け屋敷「赤ん坊地獄」が開催されます。

 「赤ん坊地獄」は1996年夏、東京ドームシティアトラクションズ(当時は「後楽園ゆうえんち」)で開催された同名のお化け屋敷の続編。前作は日本初のミッション型お化け屋敷として、2カ月で約10万人を動員しました。今回の続編は、20年後を描いた内容になります。演出は前回同様、お化け屋敷プロデューサー・五味弘文さん。



 1996年の「赤ん坊地獄」で、勇気ある人々(参加者)が取り戻した赤ん坊の女の子が20歳になり結婚。子どもを産むも産女の霊にさらわれてしまいます。その赤ん坊を取り返しに行くというのが2016年版のミッションで、20年前の悪夢再びといったものとなっています。

 演出が一部異なる「絶叫篇」(10時〜16時)と「超・絶叫篇」(17時〜22時)があり、料金はどちらも1030円。「絶叫篇」はワンデーパスポート・ライド5・乗り物1回券があれば420円で入場可です。入場規定は6歳以上。その他詳細は公式サイトで公開しています。

 演出の五味さんは、1992年から東京ドームシティ アトラクションズのお化け屋敷をプロデュースし、全国各地でもお化け屋敷プロデューサーとして活躍。赤ん坊(の人形)を抱いて進む「赤ん坊地獄」のほか、手錠に繋がれて歩く「恐怖の手錠地獄」、靴を脱いで体験する「足刈りの家」、怨霊の薬指に指輪をはめる「呪い指輪の家」などの代表作があります。


赤ん坊地獄2016 再び赤ん坊を抱いて進む恐怖が……!(「赤ん坊地獄」公式サイトより)

(C)株式会社東京ドーム All rights reserved. Produced by OfficeBurn.

(宮原れい)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む