ニュース
» 2016年06月03日 00時00分 公開

冨樫義博が「ヒソカの過去」執筆に意欲 「東京喰種」石田スイによるスピンオフきっかけに

「少年ジャンプ+」で、冨樫先生と石田先生の対談が実現。

[宮澤諒,ねとらぼ]

 4月18日発売の「週刊少年ジャンプ」20号で、1年8カ月ぶりの復活を果たした「HUNTER×HUNTER」の冨樫義博先生が、「東京喰種トーキョーグール:re」の石田スイ先生と対談。6月3日、その内容が集英社のWebコミックサイト「少年ジャンプ+」で公開されました。


 対談は「HUNTER×HUNTER」と「東京喰種トーキョーグール:re」の最新刊発売を記念したもので、石田先生が「HUNTER×HUNTER」に登場する「ヒソカ」の物語を執筆中であることから実現したそう。でもなんでヒソカ?

「HUNTER×HUNTER」33巻 「HUNTER×HUNTER」33巻は6月3日発売 (C)POT/集英社
「東京喰種トーキョーグール:re」7巻 「東京喰種トーキョーグール:re」7巻は6月17日発売 (C)石田スイ/集英社


 きっかけは、石田先生が過去に「少年ジャンプ+」の前身である「ジャンプLIVE」で「東京喰種トーキョーグールJACK」を連載しており、編集部が新たに漫画を描いてもらえないかと依頼したことから。石田先生が冨樫作品の大ファンで、特にヒソカが好きと語ったことで、編集部側が「もし石田先生がヒソカの物語を漫画にしたらどんな風になるのだろう」と興味を抱き、執筆を依頼。今回そのネームが完成したことで対談に至ったそう。

 対談では、石田先生が中学時代に髪を下したヒソカのかっこよさにほれ込んで模写していたというエピソードや、ネームを描くにあたって、ヒソカの登場シーン全てにふせんを貼り、せりふ中のトランプのマーク(スート)に規則性がないか調べたこと、さらには、執筆中「このままだと漫画が描けなくなるかも」と考えてしまうほどに思い詰めていたことなどを告白。

石田スイ ヒソカ 水見式でオーラの種類を調べるヒソカ。周りのキャラクターたちも気になる (C)冨樫義博・石田スイ/集英社

 当初はヒソカの幼少期も描こうとしたそうですが、「ヒソカは過去を語らないキャラクター」との考えからボツに。冨樫先生もヒソカの過去を設定しておらず、なるべく考えないようにしているそうで、石田先生の作品やキャラクターへのリスペクトに、「こんな風にヒソカを描いてくれて、本当に嬉しいです」と感謝。

 さらに、石田先生のネームを読んだことで「あの冒頭シーンに続くような形で、ヒソカの過去を漫画にしてみたい」と語る場面も。この企画をきっかけにして、本編でも新たなストーリーが展開されるかもしれません。

 対談ページからは、石田先生のネームを読むことができます。全69ページの大ボリュームで、表紙には「“伸縮自在の愛”(バンジーガム)っていうんだ これ…」と語りかける、髪を下ろしたヒソカが描かれています。

石田スイ ヒソカ 石田先生のヒソカもたまらない (C)冨樫義博・石田スイ/集英社

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む