ニュース
» 2016年06月04日 18時55分 公開

「私みたいな足!」 義足の少女に贈られた義足の人形 感激して涙する動画が感動的と話題に

長くつらい日々の末にできた、結晶のような映像。

[Jun,ねとらぼ]

 義足の少女に、特別にあつらえられた義足の人形をプレゼントする動画が感動を呼ぶとFacebook上で話題となっています。公開されてから3日間ですでに2000万回以上再生され、多くの人にシェアされています。



 動画を公開したのはアメリカ在住のCourtney Fletcher Bennettさん。娘のEmmaちゃんは幼くして義足を付けなければ生活できなくなってしまいました。義足で歩くには長いトレニーングが必要で、問題なく歩けるようになるまでに多くの時間を必要とします。なにより日々の生活を送る上で、つらいことが多々あることでしょう。そのつらい時間を家族とともに乗り越えてきた日々をねぎらい、両親からプレゼントされたのが、特別にカスタマイズされた義足の人形です。

箱を壊しそうな勢いで人形を取り出すEmmaちゃん

 初めは「冗談でしょう?」と驚いた様子のEmmaちゃん。「私みたいな足!」と人形が自分のような義足をつけていることに感激し、人形を抱きしめて涙します。「私みたいな人形を作ってくれてありがとう」とお礼の言葉も。


Emmaちゃんと人形 ただの人形じゃないことに気がつき、うれしくて泣き崩れるEmmaちゃん

 人形はアメリカで女の子に大人気のドールショップ「American Girl」のもの。人形は見た目の年齢やスタイルが豊富に用意されており、その中から自分に似た人形を見つけられるそう。それに加えて、Emmaちゃん本人に近づけるよう、アメリカで義手や義足を制作しているA StepAhead Prostheticsが人形用の義足を特別に取り付けました。

 動画が話題を呼んだことにより、A StepAhead Prostheticsにも問い合わせが殺到しているよう。同社の人形用の義足についての説明文によると、この特別なカスタマイズには料金を請求しておらず、ただ足を失った少女たちが失いがちな自身や自尊心をつけてもらい、精神を健康な状態に保つことにより、体も健康になってもらうことを目的としているとのことです。


(Jun)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2007/13/news009.jpg 犬「わーい!」飼い主「あああああ!!!」 全力で泥水に突っ込むゴールデンレトリバーに絶叫する飼い主が面白い
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2007/11/news038.jpg 「これは神の料理ですか!?」 レンジで作る「豚肉と大葉の茄子サンド」がうますぎて無限ビール案件
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2007/12/news005.jpg 子猫におっぱいをあげるオス猫さん……! 子猫がやってきて母性が目覚めた猫ちゃんのエピソードにほっこり
  6. /nl/articles/2007/12/news038.jpg 査読時に「ポンコツ博士でごめんね」と泣く 論文が受理されるまでの苦悩描いたパネル「ろんぶんができるまで」が学者あるあるで泣けて笑える
  7. /nl/articles/2007/12/news028.jpg 総額いったい何十億円だこれ!? 米クルマ好きおじさんが公開したガレージがドリームすぎる 億超えスーパーカーずらり
  8. /nl/articles/2007/13/news127.jpg 「お前を消す方法」でおなじみの“Excelイルカ”、最新版でも予想外の場所で生存が確認される 「なつかしい」「再雇用枠か」
  9. /nl/articles/2007/13/news002.jpg 子どもにジュース買おうとしたら「わたしたち無課金勢なので」と断られる 善意が理不尽となって返ってくる「耐え子の日常」ー子ども&動物編ー
  10. /nl/articles/2007/12/news007.jpg 愛猫と「何かが通じた…!」と感じる瞬間 猫との会話を楽しむ飼い主の漫画に共感の嵐