ニュース
» 2016年06月05日 11時20分 公開

レッドブル・エアレースの魅力はレース以外にも 会場内イベントを取材

神業パフォーマンスから会場グルメまで網羅。

[Kikka,ねとらぼ]

 6月4日から開催されている「レッドブル・エアレース 千葉2016」。もちろんレース自体も刺激的ですが、本大会の魅力はレースだけではありません。会場内で行われているパフォーマンスやイベントを取材しました。なお、4日の予選は強風と高波により中止となっています。


レッドブル・エアレースレッドブル・エアレース 会場内ではさまざまな催しが開催

 会場オープン直後から観客をお出迎えしたのは、千葉県のマスコットキャラクター「チーバくん」。エアレースの会場が千葉県ということで、手を振ったり写真撮影に応じたりしていました。

レッドブル・エアレースレッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース 大人気だったチーバくん。千葉のポーズもやってくれました!

 会場を入ってすぐ見えてきたのはミリタリーウェアブランドの「AVIREX」ブースと時計メーカーの「ハミルトン」ブース。各ブース共に実物大の飛行機を展示しており、スマホで飛行機を撮影する人の姿が多数見られました。

 また、「ハミルトン」は大会期間中、展示している飛行機の1メートル大模型を抽選でプレゼントするキャンペーンを行っています。

レッドブル・エアレースレッドブル・エアレース AVIREXは大会とコラボしたポロシャツなどを販売

 レースと並行して、会場内レッドブル・サイドアクトステージでは、世界的に活躍するパフォーマーたちによる神業パフォーマンスが数多く披露されました。

レッドブル・エアレースレッドブル・エアレース フリースタイル・フットボーラーのTokuraさん(左)さんと松田 弘樹さん(右)
レッドブル・エアレースレッドブル・エアレース 華麗な連続技に会場は拍手喝さいだった

 フリースタイル・フットボーラ―の松田弘樹さんとTokuraさんは、サッカーボールを自由に使ったパフォーマンスを披露。

 松田さんがリフティングの要領で浮かせたボールの下に足をくぐらせる技を連続で行えば、Tokuraさんが寝転がったままリフティングをし続けるなど、超神業を披露。会場からは拍手と歓声が鳴りやみませんでした。

レッドブル・エアレースレッドブル・エアレース ダブルダッチチーム「Mrs.DOUBLE DUTCH」は女性ならではのしなやかな演技を魅せた

レッドブル・エアレースレッドブル・エアレース ninja beatsのパフォーマンスにグルーブする人続出

 また、女性だけのダブルダッチチーム「Mrs.DOUBLE DUTCH」は、女性ならではの妖艶な動きで観客を魅了。縄跳びを超えた世界観を魅せてくれました。

 さらに話題の大学生音楽ユニット「ninja beats」が登場すると、動画撮影をする人が続出。ウクレレとビートボックスが生み出すサウンドに津軽三味線の速弾きがプラスされ、変幻自在な音楽を作り出していました。

レッドブル・エアレースレッドブル・エアレース

レッドブル・エアレースレッドブル・エアレース

レッドブル・エアレースレッドブル・エアレース

 そして、こうしたイベントで楽しみなのが屋台! ということで、ここで全国から集まった約80店舗の屋台のなかから特にインパクトがあったお店をご紹介します。

 まずは地元、千葉の漁港でとれたイイダコ串1本500円。ぷりぷりとした触感と焼きたての香りに思わず購入するお客さんが多かったです。

 続いては、千葉名物「盛り放題焼きそば」。お店に「盛り放題ってどれぐらいですか?」と聞いたら「好きなだけ盛っていきな! だいたい4人前くらいは盛っていくよ」と言われ、まさか……と思ったらいらっしゃいました4人前くらい盛っている方が!

 こころよく取材に応じてくれたのはカオルさんと、ミヤコさん。室屋選手を応援しに来たという2人は、容器からややはみ出した山盛りの焼きそばと一緒にビールを召し上がるそうです。う〜ん、おいしそう!

レッドブル・エアレースレッドブル・エアレース
レッドブル・エアレースレッドブル・エアレース FMX(フリースタイルモトクロス)では兄弟パフォーマーが会場を沸かせる

 お昼すぎからは、再びサイドアクトがスタート。今度のパフォーマンスはフリースタイルモトクロス(FMX)です。ジャンプ台から飛び出したバイクとともに華麗な技を決めるFMXは本大会のサイドアクト1番人気で、子どもから大人まで誰もが夢中になる演技を見せてくれました。

 なかでも“江原兄弟”こと、江原大地選手 と江原大空選手は、ダイナミックかつ繊細な構成で観客を沸かせました。

レッドブル・エアレースレッドブル・エアレース

レッドブル・エアレースレッドブル・エアレース

レッドブル・エアレースレッドブル・エアレース パルクールでは観客6名の頭上を舞う衝撃のパフォーマンス

レッドブル・エアレース パフォーマンス後は、ワークショップも行った

 さらにフランス発祥のエクストリームスポーツ「パルクール」では、観客6人を体育座りさせてからその頭上をひとっ跳びするという衝撃のパフォーマンスが披露されました。

 パフォーマンスには世界的アスリートのライアン・ドイルさんも参加し、観客の背を蹴って一回転するなど人間離れした衝撃技を見せつけ、観客からは「すごい!」の声があふれました。


レッドブル・エアレース 千葉大会限定、世界初レッドブルの缶を使った公認アイテム

 また物販コーナーには「レッドブル・エアレース 千葉2016」限定のオフィシャルグッズも並びました。特に世界初のレッドブル缶を使った公認アイテム「Red Bull Air Race transforming plane」税込み1万円は、レッドブル缶がレース用飛行機にトランスフォームするというもので手に取ってみる人も多かったです(関連記事

 このようにレース以外にも見どころ満載の「レッドブル・エアレース」。

 本記事にも書ききれなかったイベントやブースもまだまだありますので、ぜひ現地で体験してみてください。(パフォーマンスの内容は回や時間帯によって異なりますので、「レッドブル・エアレース」公式ホームページをご覧ください)


(Kikka)


関連キーワード

レッドブル | 航空機 | イベント


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/10/news007.jpg 師匠「殺すつもりで来い」→ 師匠オオォォオオーーッッ! 漫画でよく見る“修行あるある”で起こった悲劇に涙が止まらない
  2. /nl/articles/2104/09/news130.jpg JTBの新バーチャルサービスが初代PSレベルで視聴者騒然 「ファイナルソードの続編?」「核戦争後の東京」
  3. /nl/articles/2104/09/news141.jpg “ほぼ新車”の「R32 GT-R」が発掘 お値段もヤバすぎる奇跡の1台
  4. /nl/articles/2104/10/news005.jpg 文鳥が鏡に「ふーっ」と息を吹きかけると…… 文鳥の吐息でできた“世界一かわいいくもり”がいとおしい
  5. /nl/articles/2104/10/news024.jpg マリエの出川哲朗ら巡る告発にマセキ「お騒がせしているような事実はない」 芸能界の枕営業疑惑にひろゆき、武井壮らが独自見解
  6. /nl/articles/2104/09/news101.jpg 「釜の中の3合の線って米用じゃなくて水用だったんすね…」 炊飯器の使い方を知らなかった一人暮らし初心者が話題に
  7. /nl/articles/2104/09/news042.jpg 若手女優の登竜門「ポカリスエット」新CMに15歳の中島セナ CGなしの超大型“動く”セット爆走で綾瀬はるか、川口春奈に続く
  8. /nl/articles/1909/15/news021.jpg どの「R」か、わかる? 歴代GT-Rの「テールランプ」を再現した豆皿セット登場、丸も四角もあるよ
  9. /nl/articles/2104/09/news074.jpg 「銃口からチャーハンが飛び出す」 コロプラ「アリスギア」でゲーム史に残りそうなシュールバグ発生中
  10. /nl/articles/2008/29/news029.jpg 「読めないくらい最悪」 柏木由紀、グラビア動画へのセクハラコメントに怒り「人に言えないことは書かないで」

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声