ニュース
» 2016年06月09日 12時35分 公開

メールの誤送信から結婚へ 「数学できる人と結婚するってキメた」と数学講師に間違って送ってからの謎展開を聞いてみた

「人生何が起こるかわからない」慶事に祝福のリプが飛び交った。

[ねとらぼ]

 メールを誤送信した相手とこのたび結婚することになった「きのこがゆ」(@kn_k_)さんが当時を振り返り投稿した“結婚報告ツイート”に、多くの祝福が寄せられています。

誤送信から結婚へ こんなこともあるんですね

 話は2013年9月、友人に送るはずだったメールを、誤って同僚の数学講師に送ってしまったことにさかのぼります。女子力が全損事故しているような内容だったらしく、その一文には「数学できる人と結婚するってキメた」と数学講師に誤解を与えかねないものも含まれていました。

 すぐに間違いに気が付いたものの時すでに遅し。慌てて謝罪メールを送りましたが、普段のキャラは崩壊するし顔を合わせづらいしで、「死ぬしかない」となかば投げやりに事の顛末(てんまつ)をツイートしていました。しかし、そのわずか9カ月後の2014年6月、その誤送信の相手と付き合うことになるとは……!

 2人の出会いはきのこがゆさんが大学2年生で英語の塾講師2年目になった春のこと。そこへ転勤してきたのが数学講師の彼でした。当時の印象を聞くと「全くもってありませんでした」とのことで、誤送信の件で少しは親しくはなりましたが“恋愛対象外”のままでした。

 「友達と旅行に行く計画を立てるメールと並行で、彼と職場での飲み会の打ち合わせのメールをしてたんです。完全によく見て返信してませんでしたね」ときのこがゆさん。謝罪メールに対して「なんのことですか?」ととぼけてくれたが、彼は彼で「完全に、見てはいけないものを見たと思ったから」と、触らぬ神になんとやらとスルーを決め込んでいたようです。

 そんなあくまでも同僚でしかなかった2人ですが、LINEのひと言欄に彼が「癒しをください」と書いてあるのを見つけ、「なぜか、本当になぜかわたしが元気にさせてあげないと!」ときのこがゆさんが思ってしまい、ちょっと卑猥に見えなくもない絵文字を送信。「ドン引きされてもおかしくないのに何も考えず送りつけたんですね。わたしも頭のネジ完全に外れてたと思います。よく覚えてます。大学の2限と3限の間の時間でした。5秒ほどで返事が返ってきましたね。『求めてる癒しではないです…笑』って。そこからなぜか続いちゃって」。こうしてLINEでのやりとりが続き交際に発展したそうです。

 そして2016年6月、2年の交際を経て結婚することに。結婚報告のツイートには9日時点で約4万3000のリツイートと約3万5000の「いいね」がついています。「本当に人生何が起こるかわからないな!!!!!!って声を大にしていいたいです」。

 彼について聞くと「とにかくおおらかです。そしてツッコミが素早く的確ですね。わたしのすっごい気持ち悪いヲタ話を理解してくれてるのでちょっと動揺するぐらい包容力ありすぎだと思います」と……ごちそうさまでした! 末永くお幸せに!

誤送信から結婚へ 無事入籍も済ませたようです

関連キーワード

誤送信 | 結婚 | 数学


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/1907/29/news103.jpg 秋吉久美子、亡き息子の誕生日に思いをつづる 「二人は常に連なって一緒に生きている」
  2. /nl/articles/2104/12/news014.jpg 柴犬たちもソーシャルディスタンスばっちり……! 絶妙な距離感で並ぶ柴犬親子が面白かわいい
  3. /nl/articles/2104/12/news075.jpg 「3時のヒロイン」ゆめっち、メイクのビフォーアフターに驚きの声 「ライザップのCMくらいの衝撃」「違う人かと思った…!」
  4. /nl/articles/2104/12/news077.jpg 「カブトボーグ」がJ:COMの無料チャンネルでまさかの再放送! 「次回予告がウソ」「ヒロインが週替わり」数々の伝説残したカオスアニメ
  5. /nl/articles/2104/12/news128.jpg 元“小学生ホスト”琉ちゃろ、中学入学で10年ぶりの黒髪に 母ちいめろは校則に苦言も、本人は「そんなに違和感がなくてびっくり」
  6. /nl/articles/2010/05/news063.jpg 第2子妊娠の浜崎あゆみ、42歳バースデーで華やかな豪邸披露 「幸せの形は人それぞれ」と私生活に持論 
  7. /nl/articles/2104/11/news006.jpg 仕事中でも注意散漫、集団行動ができない「発達障害」な漫画家の通院体験漫画『なおりはしないが、ましになる』
  8. /nl/articles/2104/12/news022.jpg 尿意を限界突破しながら我が子のピンチを救う漫画 お散歩アクシデントを跳ね飛ばす母の愛に感動&爆笑
  9. /nl/articles/2104/11/news007.jpg 在宅ワーク中、猫たちがPC前を占拠して…… 「残業は禁止ニャ!」と訴える元保護猫の姉妹がかわいい
  10. /nl/articles/2104/12/news033.jpg 桜玉吉『伊豆漫玉エレジー』が本日発売、還暦を迎えた玉吉先生と担当のプチ対談をお届け 「お元気ですか?」「元気じゃないよ(笑)」

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声