ニュース
» 2016年06月09日 12時35分 公開

メールの誤送信から結婚へ 「数学できる人と結婚するってキメた」と数学講師に間違って送ってからの謎展開を聞いてみた

「人生何が起こるかわからない」慶事に祝福のリプが飛び交った。

[ねとらぼ]

 メールを誤送信した相手とこのたび結婚することになった「きのこがゆ」(@kn_k_)さんが当時を振り返り投稿した“結婚報告ツイート”に、多くの祝福が寄せられています。

誤送信から結婚へ こんなこともあるんですね

 話は2013年9月、友人に送るはずだったメールを、誤って同僚の数学講師に送ってしまったことにさかのぼります。女子力が全損事故しているような内容だったらしく、その一文には「数学できる人と結婚するってキメた」と数学講師に誤解を与えかねないものも含まれていました。

 すぐに間違いに気が付いたものの時すでに遅し。慌てて謝罪メールを送りましたが、普段のキャラは崩壊するし顔を合わせづらいしで、「死ぬしかない」となかば投げやりに事の顛末(てんまつ)をツイートしていました。しかし、そのわずか9カ月後の2014年6月、その誤送信の相手と付き合うことになるとは……!

 2人の出会いはきのこがゆさんが大学2年生で英語の塾講師2年目になった春のこと。そこへ転勤してきたのが数学講師の彼でした。当時の印象を聞くと「全くもってありませんでした」とのことで、誤送信の件で少しは親しくはなりましたが“恋愛対象外”のままでした。

 「友達と旅行に行く計画を立てるメールと並行で、彼と職場での飲み会の打ち合わせのメールをしてたんです。完全によく見て返信してませんでしたね」ときのこがゆさん。謝罪メールに対して「なんのことですか?」ととぼけてくれたが、彼は彼で「完全に、見てはいけないものを見たと思ったから」と、触らぬ神になんとやらとスルーを決め込んでいたようです。

 そんなあくまでも同僚でしかなかった2人ですが、LINEのひと言欄に彼が「癒しをください」と書いてあるのを見つけ、「なぜか、本当になぜかわたしが元気にさせてあげないと!」ときのこがゆさんが思ってしまい、ちょっと卑猥に見えなくもない絵文字を送信。「ドン引きされてもおかしくないのに何も考えず送りつけたんですね。わたしも頭のネジ完全に外れてたと思います。よく覚えてます。大学の2限と3限の間の時間でした。5秒ほどで返事が返ってきましたね。『求めてる癒しではないです…笑』って。そこからなぜか続いちゃって」。こうしてLINEでのやりとりが続き交際に発展したそうです。

 そして2016年6月、2年の交際を経て結婚することに。結婚報告のツイートには9日時点で約4万3000のリツイートと約3万5000の「いいね」がついています。「本当に人生何が起こるかわからないな!!!!!!って声を大にしていいたいです」。

 彼について聞くと「とにかくおおらかです。そしてツッコミが素早く的確ですね。わたしのすっごい気持ち悪いヲタ話を理解してくれてるのでちょっと動揺するぐらい包容力ありすぎだと思います」と……ごちそうさまでした! 末永くお幸せに!

誤送信から結婚へ 無事入籍も済ませたようです

関連キーワード

誤送信 | 結婚 | 数学


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」