ニュース
» 2016年06月09日 22時00分 公開

妨害・乱闘なんでもアリ! 巨大ロボが腕を競うゴルフゲーム「100ft Robot Golf」登場

プレイステーション 4・PlayStation VR両対応で2016年発売。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 アメリカのNo Goblinが開発しているプレイステーション 4用ソフト、「100ft Robot Golf」のトレーラーが公開されました。巨大ロボに乗り込み、広大な自然や都市、月面を舞台に競う豪快なゴルフゲームです。


ショット ビルが建ち並ぶコースで豪快にショット!

とばっちり プレイに巻き込まれて飛行機が墜落するシーンも。とばっちりすぎる

月面 月面や海中のコースも用意されている

 プレイヤーが巨大ロボだけに、スケールは壮大。普通のゴルフならば木などの障害物を避けるよう打つところですが、同作では障害物を破壊し、ショットを通しやすくできます。無茶苦茶だあ。


ミサイル コース破壊用か、競技用ロボットなのにミサイルを装備

 1人用のキャンペーンモードには、懐かしめのロボットアニメ風キャラクターが登場するストーリーも用意。公式ブログでは、キャラクターやロボットの設定も公開されています。


キャラクター 90年代を意識したという、日本アニメ風の選手たち

ロボ 某ブランドへのオマージュが見られる、ゴージャスな機体(画像は公式ブログより)

 最大4人が参加できるマルチプレイモードも。既存のゴルフゲームと同様の交代制でプレイできますが、全員が同時に動けるリアルタイム制も選択可能。ライバルの打球を身体で止めたり、あるいは相手を直接殴ったりと、無法なプレイが楽しめます。……ゴルフってこんなスポーツだっけ。


4分割 画面を分割してのオフライン対戦。オンライン対戦にも対応しています

リアルタイム制 リアルタイム制では、打球とプレイヤーが交錯することも。身体でショットを妨害するだと……?

格闘 クラブで相手をダイレクトに殴ることも可能。これ、エキサイトしたらゴルフどころじゃない気が……

 リリース予定は2016年内。PlayStation VRにも対応しており、ロボットのパイロットを生々しく体験できそうです。


主観視点 主観視点のシーン。VRモードもこんな感じに?


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた